那智の扇祭り 7/14に開催!

©和歌山県那智勝浦町

紀伊半島のほぼ南端、世界遺産”紀伊山地の霊場と参詣道”の霊場の1つでもあり、日本中に約3000あると言われる熊野大社の総本山”熊野三山”の一角でもある熊野那智大社。

那智の扇祭りとは、この熊野那智大社で年に1度、7月14日に行われる一大行事です。

日本一の落差を誇る”那智の滝”の前で、白装束に身を包んだ男たちが、赤々と燃える巨大な松明を掲げて石段を下りてきます。

かつて「那智の火祭り」とも呼ばれていたように、派手な炎に目が行きがちですが、実はこれらの火はあとから来られる神様の通り道を清めるためのもの。いわば露払いの役割で、その後に来るこれまた赤い扇神輿こそが神様であり主役です。

熊野那智大社でお祀りされている神々は、もともと現在の那智の滝付近でお祀りされていました。その神々を現在の場所にお遷しされたのが約1700年前。

那智の扇祭りは、その神々が、もともとお祀りされていた御滝本にお帰りになる、という神事です。

行事タイムスケジュール

主な行事タイムスケジュール

10:00 開始 熊野那智大社にて

11:30 那智の田楽(ユネスコ無形文化遺産)熊野那智大社にて

12:15 御田植式 那智の滝にて

14:00 御火行事 那智の滝にて

14:20 御瀧本大前の儀 那智の滝にて

15:30 扇神輿還御祭 熊野那智大社にて

熊野那智大社 那智の扇祭り(http://www.kumanonachitaisha.or.jp/ougimaturi/ougi.html)

●交通アクセス

和歌山県那智勝浦町へのアクセス(https://www.town.nachikatsuura.wakayama.jp/forms/info/info.aspx?info_id=9547)

バス時刻表 JR紀伊勝浦駅~那智山(pdf)(http://www.kumakou.co.jp/localbus/pdf/time_nachisan.pdf)

※駐車場は10時頃には満車になりますので、バスの利用をおすすめします。

まだ生で見たことがないという方、これを機会に一度ぜひ!

扇祭りの巨大松明
那智の田楽(ユネスコ無形文化遺産)
扇神輿
那智の滝前にて行われる