YouTubeとユニバーサル・ミュージックが提携、MVをリマスターする取り組みを発表

比較動画も公開

©ユニバーサル ミュージック合同会社

この度、YouTube Musicとユニバーサル・ミュージック・グループがタッグを組み、これまでに公開されていた1,000曲以上の名作・傑作ミュージック・ビデオにリマスターを施し、皆さんのお気に入りのミュージック・ビデオがアップグレードされて蘇ることになった。

その第一弾として、6月19日に、ニルヴァーナ、ビリー・アイドル、ビースティ・ボーイズ、スパイス・ガールズ、ボーイズIIメン、ジョージ・ストレイト、ジャネット・ジャクソン、レディー・ガガ、ライオネル・リッチー、マルーン5、ミートローフ、ノー・ダウト、グウェンス・テファニー、スモーキー・ロビンソン、ザ・キラーズ、トム・ペティ他100曲以上のミュージック・ビデオが高品質プレミアム・オーディオのHD(高精細度ビデオ)として公開された(全てのビデオはURLは変更せずに画質が向上。上記アーティスト名をクリックするとリマスターされたHDのMVがご覧になれます)。

「この度、ユニバーサル・ミュージック・グループと提携し、世界中の音楽ファンの皆様による名作・傑作ミュージック・ビデオの鑑賞体験をまたひと味違うものへと変えるこの取り組みに参加できることを大変光栄に思っています。新たなビデオの品質は本当に素晴らしいものです」とYouTubeでレーベル部門のグローバル・ヘッドを務めるスティーブン・ブライアンは語った。「私たちの目指すゴールは、本物の芸術作品であるミュージック・ビデオの数々を、アーティストがその制作に費やした労力に見合った、そしてまた音楽ファンの皆様が望んでいる高い品質水準を満たすものしていくことです」。

この取り組みの一環として、今後両社は毎週新たなミュージック・ビデオに入念なリマスターと品質改善を施し、2020年の終わりまでに推定1,000作品がその作業を完了する予定だ。YouTubeがメディアとして開設された当時に公開されたミュージック・ビデオは、もともとブラウン管テレビ用に制作されたものやVHSテープから転換された不鮮明な映像と聴こえにくいオーディオを使用した作品が多かった。

オジリナル・ヴァージョンと新たにリマスターされたビデオを見比べるために、ニューヨーク・タイムズ紙は、このリマスターによってどれだけの品質が改善されたのかを実証するビフォーアフターを視覚化した記事を公開した。

「くすんだ色が取り除かれて、映像がこれまでよりずっと活き活きと蘇りました」とビリー・アイドルはニューヨーク・タイムズ紙に語った。ミュージック・ビデオ全盛期を代表するアーティストであるビリー・アイドルのミュージック・ビデオは、「White Wedding」「Rebel Yell」「Dancing With Myself」を含む、全6作が第一弾のアップグレードの対象となった。「この取り組みは、高品質が当たり前の現代に反して、過去のミュージック・ビデオに若々しく蘇るチャンスを与えているんです。アップグレードされた映像の中の私は、永遠にあの頃のままですから、そんな素晴らしいことはありません」。

Written By Laura Stavropoulos