【最新版】コンビニスイーツの定番!人気「チョコレート菓子」5選

©NTT DOCOMO, INC.

ちょっとしたお土産にぴったりのチョコレート。日本のコンビニやスーパーはチョコレートの種類が豊富です。そこで今回はコンビニやスーパーで買うことができる、溶けにくいチョコレートを5つご紹介します。

1. アーモンドチョコレート (ロッテ)

甘すぎない大人な味わいが特徴の「アーモンドチョコレート」。ロッテの定番チョコレート菓子としても人気が高く、コンビニやスーパーでも目にする機会がたくさんあります。厳しい基準を通過したアメリカ産のアーモンドを使用することで、カリッとした食感と香ばしい風味を表現しています。その自慢のアーモンドを、ビターとミルクの2層チョコで包み込み、一口サイズに仕上げたアーモンドチョコレート。特殊なコーティングにより溶けにくくなっているのもうれしいポイントです!

参考価格:170円(税込)
販売店:イオン、ファミリーマート、セブン-イレブン、ローソンなど

2. BAKE (森永製菓)

外側は香ばしくサクサク、内側はなめらかなチョコレートが広がる新食感の「BAKE」。今までにない味わいのチョコレートに多くの人が魅了され、なんと今年で発売開始15年目を迎えました。1粒の中に濃厚なチョコレートがギュッと詰まったBAKE。独自の製法で焼くことで、暑くても手で持っても溶けることはありません!宇治抹茶味や期間限定の味も発売されていますよ。

参考価格:118円(税込)
販売店:ファミリーマート、セブン-イレブン、ローソンなど

3. コーヒービート (明治)

コーヒーの香りがほのかに広がる、「コーヒービート」。1971年に発売されて以降、明治の小粒チョコの定番として長らく愛されています。まるでコーヒー豆のような見た目がとても可愛いですね。コーヒーと聞くと、苦手な人にとっては食べづらいイメージがありますが、コーヒービートはコーヒーのほろ苦さを感じながらも食べやすいミルクコーヒー味に仕上がっているので安心!筒状のパッケージは、つぶれにくく、お土産だけでなく旅のお供にもおすすめです。またシュガーコーティングにより溶けにくくなっているのも特徴です。

参考価格:100円(税込)
販売店:イオン、ファミリーマート、ローソンなど

4. ガルボ (明治)

チョコがたっぷり染み込んだ焼き菓子を、カカオの風味豊かなチョコで包み込んだ、「ガルボ」。さっくりとした焼き菓子の食感がたまりません。さまざまなパッケージがありますが、おすすめはチャック付き!食べたいときに食べたい分だけ食べられるのでとても便利ですよ。手につきにくいのもおすすめポイント。また、苺味や豆乳抹茶味など味の種類も豊富です。

参考価格:178円(税込)
販売店:イオン、ファミリーマート、セブン-イレブン、ローソンなど

5. マーブルチョコレート (明治)

ポップなカラーが可愛らしい、「マーブルチョコレート」。表面に「大理石(Marble)」のような光沢があることや、形が「おはじき(Marble)」に似ていることからマーブルチョコレートと名付けられました。発売当初はチョコレートといえば板チョコが主流でしたが、夏でも売れるチョコレートを目指し、当時欧米で売られていた糖衣(砂糖で作った硬い膜)でくるまれた溶けにくいチョコレートを参考に商品開発を行いました。今では日本の定番チョコとして多くの人から愛されています。

参考価格:121円(税込)
販売店:ファミリーマート、セブン-イレブン、ローソンなど

気になるチョコレートはありましたか?どれも長旅にはうれしい溶けにくいチョコレートばかり。ぜひお土産や旅のお供にどうぞ!

※本記事の情報は執筆時または公開時のものであり、最新の情報とは異なる可能性がありますのでご注意ください。