中日高橋「ベルト壊れたまま」で決勝6号3ラン! 衝撃エピソードにファン爆笑

©株式会社Creative2

3ランを放ち、壊れたベルトを押さえながらダイヤモンドを一周した中日・高橋周平【写真:福谷佑介】

初回2死一、二塁で有原から先制の6号3ラン

■中日 4-2 日本ハム(交流戦・21日・ナゴヤドーム)

 中日の高橋周平内野手が、連敗を止める決勝3ランを放った。21日に本拠地ナゴヤドームで行われた日本ハム戦。初回に先制3ランを放つと、これが決勝弾となった。

 初回2死から大島の右前安打、ビシエドの死球で一、二塁とすると、高橋が打席へ。日本ハム先発の有原が投じた初球のカットボールを捉えると、打球は右翼スタンドへと消えた。先制6号3ラン。このままチームは逃げ切り、決勝弾となった。

 試合後、お立ち台に立った高橋は、衝撃のエピソードを明かした。「チャンスだったので、何とか点を取りたかったので返せてよかったです」と語ると「打席に入った時にベルトが壊れてしまって……。そのままいったら、ホームランになって良かったです」とファンを笑わせた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)