「世界に平和を訴えて」 原爆と平和 腹話術で語る

©株式会社長崎新聞社

人形のゴローちゃんと共に原爆や平和について語るしろたにさん=恵の丘長崎原爆ホーム

 長崎県雲仙市小浜町出身の腹話術師しろたにまもるさん(78)=川崎市=が21日、長崎市三ツ山町の恵の丘長崎原爆ホームで、腹話術を使って原爆と平和について講演した。長崎原爆で兄を失ったことを語り、参加した被爆者の入所者約50人に「長生きして、世界に平和を訴えて」と呼び掛けた。
 45歳で腹話術を始め、2001年の定年退職を機にプロデビューした。人形「ゴローちゃん」と共に東京・浅草の寄席にレギュラー出演。全国を回り、上演回数は4千回を超えている。
 しろたにさんは長崎原爆で爆心地近くの工場にいた当時17歳の兄を失い「父は仏壇で毎朝泣いていた」と振り返った。被爆医師の故永井隆博士が平和を願って残した言葉も紹介した。
 戦時中、英語が禁止されバイオリンが「ひょうたん型糸こすり器」と言い換えられたことなどを紹介。健康には「笑いが必要」としてゴローちゃんとの楽しい掛け合いも披露した。参加者は「元気をもらった」「いい話だった」と話した。
 しろたにさんは8月3日に川崎市で「平和な8月を楽しむ会」と銘打ち落語などの芸人仲間と公演を開く。「戦争体験者がいなくなりつつある。わずかな記憶だが、伝えていきたい」と語った。