身長差がヤバい!? HYDE、久々のバラエティ出演でイメージが音を立てて崩れた”その一部始終”

©株式会社サイゾー

 ロック界のカリスマ、L’Arc~en~Ciel(以下、ラルク)のHYDEが18日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に出演。謎に包まれたスーパースターの意外な素顔が明らかになり、安堵と困惑の声が漏れている。

 ほとんどバラエティ番組に出ることがないHYDE。『火曜サプライズ』に出演したのは、19日に発売されるソロアルバムの告知のためだった。音楽誌のライターが語る。

「ラルクのボーカルとして大成功を収めているHYDEは、ラルク以外にもソロ活動、ロックバンドの『VAMPS』、他のアーティストの作品への参加など、創作意欲が非常に旺盛で、特にVAMPSは海外ツアーを含め、これまで300本以上のライブをこなしています。ただし、ラルクでは軽く数万人を集められるHYDEですが、ソロツアーの会場のキャパは2,000人程度。ソロ名義のオリジナルアルバムは13年ぶりなので、露出が必要だと考えたのでしょう。『火曜サプライズ』の他にも、18日にはニコニコ生放送に出演しています」(音楽誌ライター)

 そんな経緯で実現したゴールデンタイムのバラエティ番組出演。同番組のレギュラーのDAIGOとは17年来の親友だというHYDEだが、その内容は良くも悪くもHYDEの印象を変えるものだった。女性芸能誌記者が語る。

「HYDEがバラエティに出ると聞いて、気になったのは彼の身長です。小柄なHYDEは、ネット上で長らく『身長156cm』と決めつけられてきましたが、身長178cmのDAIGOと番組で並ぶと、確かに2人の身長差は20cm以上あるように見え、「身長差がヤバい」などとネットは大いにざわつきました。

 また、ミステリアスな雰囲気に満ちたHYDEですが、番組では、納豆スパゲッティを音を立ててズルズルとすすったり、占い師の言うことに一喜一憂したり、ドン・キホーテで買い物をしたりと、まるでB級タレントのような扱いで……」(女性芸能誌記者)

 番組は、これまで長年のキャリアで積み上げてきた“HYDE像”が音を立てて崩さっていくような映像の連続だったが、好感度が上がったのは間違いなかったよう。平成のカリスマも今年1月に50の大台を迎えており、令和は“愛されキャラ”で勝負だろうか?