大阪桐蔭は東淀川 全国高校野球大阪大会組み合わせ

©株式会社新日本海新聞社

緊張した表情で抽選に臨む主将=21日、大阪市天王寺区のたかつガーデン

 7月6日に開幕する第101回全国高校野球選手権大阪大会の組み合わせ抽選会が21日、大阪市天王寺区のたかつガーデンであり、3回戦までの対戦カードが決まった。昨年より1チーム少ない五つの連合チームを含む174チームが出場し、甲子園への切符をかけて熱戦を繰り広げる。

 今春の選抜大会に出場した履正社は14日の2回戦で池田と対戦。昨夏の甲子園を制した大阪桐蔭は、15日の2回戦で東淀川と戦うことが決まった。春の府大会を制して勢いに乗る大商大高は11日の1回戦で興国と、出場は逃したものの今春の選抜大会で「21世紀枠」の最終候補校となった八尾は、12日の1回戦で八尾北と初戦を交える。

 開会式は6日に大阪市西区の京セラドーム大阪であり、同日行われる1回戦、花園−阿倍野の試合で開幕する。選手宣誓は大阪市立西の島津柊兵主将が務める。

 日程を順調に消化すれば、4、5回戦の組み合わせ抽選は17日、準々決勝以降は22日に実施。決勝は28日に同市此花区の大阪シティ信用金庫スタジアムで開かれる。