広島ドラ1小園、2失策も…3戦目で初長打&初マルチ 6回に二塁打で反撃の狼煙

©株式会社Creative2

広島・小園海斗【写真:荒川祐史】

二塁打の後に菊池の適時二塁打で生還

■広島 – オリックス(交流戦・22日・マツダスタジアム)

 広島のドラフト1位ルーキー・小園海斗内野手が22日、本拠地オリックス戦でプロ初長打&初マルチ安打をマークした。

 小園は「1番・遊撃」でスタメン出場。初回は見逃し三振に倒れたものの、3回2死走者なしで迎えた第2打席は中前打。さらに、3点ビハインドで迎えた6回は1死走者なしで右翼への二塁打を放った。これがプロ初長打。プロ3戦目で初のマルチ安打となった。

 続く菊池がレフトオーバーのツーベース。小園が生還し、2点差に迫った。前日は9回に逆転2ランにつながる失策を犯し、この日も2失策を記録したが、バットで存在感を見せている。(Full-Count編集部)