東京アートと協和発酵キリンが全勝でトップを並走<前期日本卓球リーグ豊田大会・男子1部>

©株式会社ピンポン

写真:ビッグトーナメント奈良大会での渡辺裕介(協和発酵キリン)/提供:日本卓球リーグ実業団連盟

<2019年度前期日本卓球リーグ豊田大会 6月19日~6月23日、スカイホール豊田>

21日、男子1部は20日同様4試合が行われた。

20日に日鉄物流ブレイザーズとのラストまでもつれる激戦を制した東京アートは、愛知工業大学ともラストまでもつれたが、3-2で勝利し全勝をキープした。

協和発酵キリンは、リコーを下し勢いに乗る日野自動車と対戦。トップで平野友樹が、日野自動車のルーキー・皆川朝をストレートで下し、チームも勢いに乗り3-0で勝利。こちらも全勝をキープした。

リコーは原田鋼業に完勝し、今季リーグ初勝利。ここまで苦しい試合が続いていたが、この勝利をきっかけに、シチズン時計や東京アートの上位チームに対し、どのような試合を繰り広げるか注目だ。

3日目 男子1部試合結果

シチズン時計 (3勝1敗) 2-3 日鉄物流ブレイザーズ (2勝2敗)
〇上村慶哉 3-0 藤村友也
御内健太郎 0-3 ○田添健太
笠原弘光/上村慶哉 0-2 ○藤村友也/松下海輝
〇笠原弘光 3-0 松下海輝
酒井明日翔 0-3 〇定松祐輔

東京アート (4勝0敗) 3-2 愛知工業大学 (1勝3敗)
吉村和弘0-3 ○髙見真己
村松雄斗3-1 木造勇人
吉村和弘/坪井勇磨 0-2 〇木造勇人/田中佑汰
○吉田海偉 3-2 田中佑汰
高木和卓3-0 松山祐季

協和発酵キリン (4勝0敗) 3-0 日野自動車 (1勝3敗)
平野友樹3-0 皆川朝
○渡辺裕介 3-1 船本将志
松平賢二/平野友樹2-1 皆川朝/平野晃生

リコー (1勝3敗) 3-0 原田鋼業 (0勝4敗)
〇郡山北斗 3-0 徳島剛
有延大夢3-0 中林滉貴
○鹿屋良平/有延大夢2-0 横山輝/徳島剛

文:ラリーズ編集部