【速レポ】『ランティス祭り』DAY2(2):サテライトステージでJAM Projectがラジオ公録&緒方恵美とTRUEが歌唱

©JAPAN MUSIC NETWORK, Inc.

6月22日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール(JAM Project)

『ランティス祭り』2日目のサテライトステージ。トップバッターの『kevin from fhána×Shinnosuke(buzz★Vibes)×高橋 諒 DJ Relay ステージ』に続き、『ランティス祭り』に向けてJAM Projectが行なってきたラジオ番組『bayfm Starting STYLE!!~Countdown to Lantis matsuri~』の最終回の公開収録が行なわれた。

まずは、お題に当てはまるメンバーをそれぞれが指さしで決める“JAMで一番〇〇なのはだ~れ?”のコーナーからスタート。“学生時代にモテてそうなメンバー”“オバケが出たらすぐ逃げそうなのは誰?”“長生きしそうなのは?”で全て影山ヒロノブが選ばれていたが、“女装が似合いそうな人”ではきただにひろしに票が集中した。番組で恒例の“トーク祭りくじ”ではメンバーが考えたお題をくじで引いて進行していく。影山が考えた“身体の部位で攻めるならどこ?”というお題には“どういうことなの!?”と会場でどよめきが起こり、ラジオで放送できるのか否か分からない回答の数々に“みなさんはこれを観に来たの?”(福山)“いやいやメインステージだよ!(笑)”(遠藤)と、テンポ良いトークで楽しませてくれた。

6月22日@幕張メッセ 国際展示場 9~11ホール

続いて、創刊から今年で25周年を迎えた雑誌『声優グランプリ』のスペシャルトークステージ。同誌の廣島編集長とMCの儀武ゆう子、そして緒方恵美が登壇! 『声優グランプリ』の創刊号から登場している緒方は当時の表紙を見て“井上喜久子さんが今もまったく変わっていない!”と驚いたり、“創刊当時は声優業界自体がグラビアに登場する文化がほとんどなかったので、ヘアメイクが付いていなかった時代もあった”と話す。そして、最後には緒方が「ムーンライト伝説」(「アニメグ。」Ver)を歌唱するというサプライズ展開に。アニメ『美少女戦士セーラームーン』より“セーラーウラヌス”ヴォイスでの、“新たな時代に誘われて、セーラーウラヌス、華麗に活躍。今日は楽しんでね”の台詞にはサテライトステージが大歓声に包まれたことは言うまでもない。なお、『声優グランプリ』はブース出展もしており、歴代の表紙を観ることができる他、雑誌の展示や最新号の販売も行なっている。

そして、最後はTVアニメ『転生したらスライムだった件』のスペシャルステージ。岡咲美保(リムル役)、田所あずさ(クロエ役/ED主題歌第二弾アーティスト)、TRUE(ED主題歌第一弾アーティスト)によるトークコーナーの他、TRUEがED主題歌第一弾「Another colony」挿入歌「僕の中の君へ」を歌唱。バックにはシーンを思い起こさせるアニメ映像も流れ、ファンにはたまらない演出だったことだろう。アニメ『転スラ』は2020年より続編が始動することも発表されているので、引き続き注目を!

明日、最終日のサテライトステージは、buzz★Vibes×ZAQによるbayfm『バズザックファクトリー』の公開収録、古川 慎とJAM Projectによる『TVアニメ『ワンパンマン』マジスペシャルステージ in ランティス祭り2019』、スフィア、rinoが出演する『SphereとrinoのJoyful talk』が予定されている。

text by 千々和香苗

★レポートは『ランティス祭り2019』公式サイトでも公開中!
https://lantis.jp/20th/report.html