【MLB】大谷翔平、代打で三ゴロ 今季初の代打安打ならず、打率.272

©株式会社Creative2

代打出場するも三ゴロに倒れたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

3回無死一塁でオープナー・ラミレスの代打で三ゴロ

■カージナルス – エンゼルス(日本時間23日・セントルイス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は22日(日本時間23日)、指名打者制のない敵地カージナルス戦で3試合連続ベンチスタート。3回に代打で出場したが、三ゴロに倒れた。今季初の代打安打はならなかった。

 両軍無得点の3回無死一塁。投手・ラミレスの代打で登場した。先発右腕ハドソンに対し、初球の外角フォーシームを見逃し、2球目の内角高めフォーシームを打って出たが、平凡な三ゴロに倒れた。続くラステラ、トラウトの連打で三塁まで進んだが、得点にはつながらなかった。

 この日のエ軍はオープナー。中継ぎ右腕ラミレスが2回1安打無失点に抑え、打席が回ってきたところで打者・大谷投入となった。今季は40試合出場し、打率.272、9本塁打、30打点、3盗塁。代打では今季3打数無安打、1四球となった。(Full-Count編集部)