【スクープ】新ジャンル・アジ専用プラグ「ミジンコ」開発現場撮った!【ジャクソン×サーティフォー】

©株式会社 内外出版社

サイズ感で言うと人差し指の爪くらい。現在はチラシばりを装着。ミジンコ(ジャクソン×サーティフォー)と言う名前の通りのフォルム。シンキングだが、フォールは比較的スロー。

フィッシングショーで開発を発表して以来、注目を集めていたアジ専用プラグ。ジャクソンとサーティフォーのコラボとして期待されてきたが、発売に向け調整は順調のこと。そもそも、このミジンコと言うプラグ、どんなコンセプトなの?

開発のメインテスターはご存知の家邊克己さん(サーティフォー)!

家邊「アジの密度が比較的濃い状況で手返し良く釣っていくプラグですね。プラグですし、重量もあるんで、初心者でも扱いやすい」

サイズ感で言うと人差し指の爪くらい。現在はチラシばりを装着。ミジンコ(ジャクソン×サーティフォー)と言う名前の通りのフォルム。シンキングだが、フォールは比較的スロー。

どんな使い方を想定してらっしゃるんですか?

家邊「ジグ単の釣りと同じですよ。フォールで基本使います。僕がメインに据えているプランクトンの釣りに対応しています」

プラグと言う事で、風が強いときなどビギナーがキャストに苦しむような状況のフォローとして使いやすい。また、ジグ単では狙いにくいキャストレンジにアジがいる場合なども状況として考えると、ジグ単に使い慣れた人にも有用だろう。

発売の秋に向けて急ピッチで調整が進められている。「装着するフック、自分で巻いて作ってるんよ。市販には対応できるのないから」。さすが妥協を許さない家邊さんだ。

家邊「現在は装着するフックの調整をしています。シングルのチラシばりが、いまはかなり良い感じなんですが、まだどうなるかわかりません。発売となる秋口に向けて、ジャクソンさんと仕上げていきますよ。アジングをより身近に簡単にと言う思いと、色んな釣り方で狙えるサカナであること、また、アジングのタックルシステムの可能性を広げる意味で、面白いルアーになると思いますよ」

発売はジャクソンからとなる予定。発売予定の、秋口に向けコダワリの人、家邊さんがどう仕上げてくるかが楽しみだ。