日ハム吉田輝「上沢さんが抜けてしまったので…」2度目先発は先輩右腕のために

©株式会社Creative2

日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史】

22日はショートピッチングで前日調整「コンディションは悪くない」

■中日 – 日本ハム(交流戦・23日・ナゴヤドーム)

 日本ハムの吉田輝星投手が23日、敵地ナゴヤドームでの中日戦でプロ2試合目の先発マウンドに上がる。22日、予告先発投手として公示され、22日の練習後には「コンディションは悪くないと思います」と語った。

 プロ2度目の先発マウンドに向けて、22日の中日戦前にブルペンに入り、30球ほど短い距離でのショートピッチングで最終調整を行った吉田輝。「しっかりラインも出ていたし、変化球もストレートが良くなるにつれて良くなってきている。コンディションは悪くないと思います。ストレートを、自分の納得いくボールを投げて、試合運びをうまくできればいいと思います」と意気込みを語った。

 さらには、左膝の膝蓋骨骨折で離脱となった上沢直之投手への思いも口にした、「上沢さんが抜けてしまったので、そういう気持ちが強いです。先発投手なので投げない日の動き、投げる日の調整とかを教わりタメになりました」と語り、無念の離脱となった先輩右腕の穴を埋める好投を目指していた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)