若者にあんこを食べてもらいたくて 老舗和菓子屋が考案「和シュー」

©株式会社神戸新聞社

あんとクリームが入った山田屋の「和シュー」

■兵庫県加古川市「山田屋」の和シュー

 クッキーシューに包まれているのは、「あん入り生クリーム」。ほんのり甘い小豆とあっさりしたクリームが絡み合い、シュー生地はサクサクとした食感。山田屋は1925(大正14)年創業の老舗和菓子屋。なぜ和菓子屋でシュークリームを?

 「どうやったらあんこを若い人に食べてもらえるかな、って」。3代目店主の山田克彦さん(48)が10年ほど前に考案したという。小豆は北海道十勝産、卵は同県姫路市産と材料にもこだわった。小豆はつぶしすぎず、上品な甘さが口いっぱいに広がる。クリームと絶妙のバランスを追求した。

 山田さんの狙い通り、徐々に口コミで話題を集め、今や店の看板商品に。季節ごとに抹茶や栗、ショウガなど限定の味も約10種類提供する。「他にどんな組み合わせがあるかな」。山田さんの創作欲は尽きない。(小森有喜) 【推薦者 加古川市の会社員 UYさん(30)】

 発売当時からのファン。さっぱりした味わいがたまらなく好きで、限定味も欠かさず買います。普通のシュークリームが苦手な人にもどうぞ。和シューは216円、限定味和シューは227円。たくさん購入する場合は事前予約がお薦め。人気のみたらし団子130円、わらびもち400円。加古川市別府町新野辺2543。午前10時~午後6時。火曜定休。山田屋TEL079.437.8214