巨大な敵っていいよね!?仮面ライダーシリーズ初の大型ボス・キングダーク

©ゴールデン横丁合同会社

今回の特集は、魅力的な敵キャラ!仮面ライダーXのラスボスにして、ライダーシリーズ初の大型ボスとなったキングダーク、その人である!

見よ!この涅槃仏のような不遜な態度を

なんやかんやひと悶着あった後に、倒したはずの敵さんが巨大化して、それを巨大ロボットで打ち倒すという様式美が出来上がっている戦隊モノ。………どうせだったら最初から巨大化してりゃ勝てたんじゃねー?っていうツッコミをするのは野暮ってぇものだろう。
あれは巨大ロボットをおもちゃ化して儲けようという企業の思惑と、スーツアクターのカッコよさを知らしめたいっていう役者側の思惑がせめぎ合った末に出来た様式美なんだろうからね…夢のあるヒーローだって、裏側にはいろんな思いがあるわけだ。
それを言ったら魔法少女の変身シーンも無くなってしまう。それは困る!特に男子が!

と、まあ、盛大に脱線したが、そうした戦隊モノとは異なり、仮面ライダーは人型のサイズで戦うのが普通だ。そんな中、仮面ライダーの世界に新しい風を運んできたのが仮面ライダーXのキングダークだった!

見よ!この涅槃仏のような不遜な態度を………シリーズ中の22話からという途中参加のくせに初登場の時点からもう最高幹部感まる出しである。まあ、ここまで圧倒的な体躯の差があれば幹部怪人だってちょっと遠慮しちゃうよね…しょうがない(;´Д`)

賛否はもしかしたら分かれるのかもしれないが、個人的には、迫力ある巨体で禍々しい怪人に指図をする様は圧倒的な緊張感を覚えたような気がする。というか人間大のライダーがいったいこいつにどうやって勝つんだ?っていう不安も覚えたよ…。
まあ、結果としてはデカイゆえに体の中に侵入されちゃう…という残念な結果だったけどねw
諸説あるが体長は26m、体重は5tあるという…はぇ~ホントにおっきい!Σ(゚Д゚)

そして、後ろ姿で申し訳ないが、新生GODの悪人軍団の面々も紹介しなければ…。
左からジンギスカンコンドル、サソリジェロニモJr、カブト虫ルパン、ガマゴエモンだと思われる。アポロガイストのころは神話をモチーフにしていたのに、キングダークの指揮下では歴史上の偉人などをモデルにしているらしい…ヒトデヒットラーとか怒られなかったのかな(;・∀・)
あと、個人的にサソリジェロニモの胸に描かれたJRの文字はツボだったw国鉄からJRになったことの腹いせとも思ったがさすがに違うらしいw
まあ、この名前もなかなか微妙なところだが、当のJRが新しく命名した高輪ゲートウェイって駅名も似たり寄ったりかもねwww

ちなみにエポックメイキングな巨大ボスについては、その後けっこう登場することになる。
たとえば十面鬼とか岩石大首領とか、フォッグマザーとかね。あと最近の映画版とかでも登場した気がする。………仮面ライダーもまさに巨悪と戦うんだねぇ。

横丁トーク

IT:へー!仮面ライダーにも巨大な敵っていたんですねーw

Dr:そうそう。この作品から登場するようになったんだよねー。ていうか、むしろ仮面ライダーも巨大化するよ?www

教授:それはあれですね?「ウルトラマンVS仮面ライダー」の映画ですね?
あれは確か一号が巨大化していたような………

Dr:よく知ってたね?でも他にも仮面ライダーJという石ノ森章太郎が制作に関わった最後の作品があってねwそっちも巨大化しちゃうw

会長:うーん、でもやっぱり仮面ライダーは等身大のイメージだなぁ…元から巨大化する話ならともかく、ライダーの巨大化はちょっと…(;・∀・)

Dr:まあ、そうだよねwww

いかがだっただろうか?今回は仮面ライダーシリーズのエポックメイキングとなるキングダークについて紹介した。意見はいろいろあるだろうが、やっぱり文字通り巨大な敵を打ち破るのはそれなりにカタルシスがあるものだよね?

特撮・アニメヒーロー図鑑|ゴールデン横丁

ゴールデン横丁の仲間たち | Dr.近藤(ドクター こんどう)