日ハム吉田輝、3回6安打5失点KO 木田投手コーチ「いい部分もあった」

©株式会社Creative2

日本ハム・吉田輝星【写真:荒川祐史】

初回に3点を失うと、3回にも2点失い降板

■中日 – 日本ハム(交流戦・23日・ナゴヤドーム)

 日本ハムの吉田輝星投手は23日、敵地ナゴヤドームの中日戦に先発し、3回6安打5失点でKOされた。

 2点の先制点をもらった直後の初回の守り。先頭の平田に右翼線への二塁打、京田に左前安打を許し、大島への四球で、いきなり無死満塁のピンチを招いた。4番のビシエドには右翼線へ弾き返される2点適時二塁打。続く高橋には右翼への大飛球。大田が全力で背走し、フェンスに激突しながらも捕球するスーパーキャッチしたが、これが犠牲フライとなり逆転を許した。

 2回は3者凡退に抑えたが、3回に再び失点。大島に左前安打を許し、目下セ・リーグ首位打者の高橋には右中間を破られて適時二塁打。さらに2死三塁で阿部にも中前へと落ちる適時打を浴びた。4回裏に入るとことで栗山英樹監督は交代を決断。吉田輝は3回6安打5失点でノックアウトとなった。

 降板後、木田優夫投手チーフコーチは球団を通じて「苦しいピッチングだったけど、いい部分もあった。反省すべきところは反省して、次に繋げてもらいたい」とコメントした。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)