中日、3連勝締め 与田監督は8連戦を終えた選手を労う「よく戦ってくれた」

©株式会社Creative2

中日・与田剛監督【写真:福谷佑介】

ロドリゲスが4連投「彼の力が必要だった」

■中日 8-4 日本ハム(交流戦・23日・ナゴヤドーム)

 中日が3連勝で交流戦を締めくくった。23日、本拠地ナゴヤドームでの日本ハム戦。日本ハム先発のドラフト1位ルーキー吉田輝にプロの洗礼を浴びせ、3回までに6安打5得点で右腕をKOすると、その後も打線は得点を重ねた。2試合連続2桁安打となる12安打で8得点を奪い、試合後の与田剛監督は「8連戦で体はキツかったと思うけど、選手たちはよく戦ってくれたと思います」と選手たちを労った。

 初回、2点を先制された中日だったが、打線吉田輝を攻略。先頭の平田が右翼線への二塁打で出塁し、京田も左前安打。大島の四球で、いきなり無死満塁とすると、ビシエドは右翼線への2点適時二塁打。続く高橋は右翼への犠飛を放って、この回3点を奪って逆転に成功した。

 3回には大島が左前安打、高橋が右中間を破る適時二塁打を放ち追加点。さらに2死三塁で阿部も中前適時打で続き、この回は2得点。吉田輝を3回でノックアウトし、指揮官は「色んな戦略の中で、個人の考えもあり、コーチからの教えもあり、だったと思います」と語った。

 5回、8回にも加点してリードを広げると、投手陣も日本ハムの反撃を4点に食い止めた。先発のロメロは初回、中田に先制2ランを許したが、6回4安打3失点で5勝目。7回からはリリーフ陣が繋ぎ、8回にはロドリゲスを4連投、9回にはマルティネスを3連投で注ぎ込み、リードを守った。

「ロドリゲスは4連投でムリをさせてしまったと思う。ただ、彼の力が必要でしたし、よく投げてくれた」と、反撃を食い止めた助っ人に感謝した与田監督。3連勝締め、8勝10敗で終えた交流戦を「私としては反省材料は多い。5割切ったわですから。ただ、プラスの材料も出てきている。選手の積極性、キャンプから取り組んできた積極的なプレーが出てきている」と振り返っていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)