プロ初黒星の日ハム吉田輝 3回5失点に悔しさ「自分の思うボール投げられなかった」

©株式会社Creative2

日本ハム・吉田輝星【写真:石川加奈子】

「ストレートを狙われて、そのストレートで抑えられなかった」

■中日 8-4 日本ハム(交流戦・23日・ナゴヤドーム)

 日本ハムの吉田輝星投手が23日、ナゴヤドームでの中日戦でプロ初黒星を喫した。2度目の先発マウンドに上がった右腕だったが、3回を投げて6安打5失点。わずか60球で降板となり、試合後は「自分の思うボールが投げられなかった。そこが1番悔しいです」と語った。

 初回に2点の援護をもらったが、その直後に3点を失って逆転を許した。武器のストレートを狙い打たれ、先頭の平田に右翼線二塁打、京田にも左前安打。大島へ四球を与えて無死満塁とされると、ビシエドに右翼線への2点適時二塁打を許した。高橋にも犠飛を許して、この回3点を失った。

 2回は3者凡退に封じたものの、3回に再びつかまった。大島に安打を浴びると、高橋に適時二塁打、阿部には中前適時打を浴びて2失点し、この回で降板となった。チームも敗れてプロ初黒星となり「ストレートを印象付けることができなかった。真っ直ぐが全てですね。バランスは悪くなかったですけど、腕が振り切れていない感じでした。ストレートを狙われ、そのストレートで抑えられなかった」と振り返った。

 プロ初登板となった6月12日の広島戦(札幌ドーム)では5回4安打1失点でプロ初先発初勝利をマークしたが、2戦目にはプロの洗礼を浴びた。中日打線について「ドラゴンズ打線は結構、ポイント引きつけて強くスイングするし、拾ってくる感じ。広島とは違った印象でした」とコメント。そして「ダメなところは全部分かったので、次の登板に活かせるものはあった」と、プロ初黒星の中での収穫も口にしていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)