シーズン6終了最強説を検証!シーズン6で見事なエンディングを迎えた名作・ヒット作10選!

© 株式会社AXNジャパン

「THIS IS US」や「ザ・クラウン」など、早くからシーズン6での終了を発表している作品もありますが、過去の作品を見てもシーズン6で終了した作品は、ほぼハズレはありません。 惜しまれながらもシーズン6で終了した作品の中から印象に残った10作をご紹介しましょう!

セックス・アンド・シティ

1998年から米HBOで放送され日本でも爆発的に大ヒットしたTVシリーズが「セックス・アンド・ザ・シティ」です。
ニューヨーク在住のライター、キャンディス・ブシュネルが週刊紙の「ニューヨーク・オブザーバー」に連載していたコラム『セックスとニューヨーク』をドラマ化した本作は、ニューヨークに住む30代独身女性4人の生活を赤裸々に描いて女性たちの熱い支持を集めました。また、パトリシア・フィールドが手掛けるゴージャスで華やかなファッションも大きな魅力のひとつでした。

放送が終了してから15年以上経った現在も、このドラマを崇拝する若い女性が新たに誕生し、普遍的な人気を誇る女性たちのバイブルのような存在となっています。
2008年10月には『セックス・アンド・ザ・シティ』が日本でも劇場公開、続編の『セックス・アンド・ザ・シティ2』は2010年に公開されました。常にファンからの続編製作の希望が絶えませんが、サマンサ役のキム・キャトラルはすでに還暦越え、実現されたらどんなストーリーになるのでしょうか?

https://www.imdb.com/title/tt0159206/mediaviewer/rm2178627584

Lの世界

2004年に米SHOWTIMEで放送がスタートした「Lの世界」は、ウエスト・ハリウッドを舞台に、ゴージャスなレズビアンの女性たちの恋愛を大胆かつ繊細に描き、多くの人たちから熱い支持を受けましたが、メインキャストの1人が衝撃的な死を迎え、惜しまれながらシーズン6で終了しました。
2019年秋には待望の続編「The L Word: Generation Q」がSHOWTIMEで放送されることが決定しており、今から期待が高まります。

https://www.imdb.com/title/tt0330251/mediaviewer/rm2904504832

ホワイトカラー

2009年から米USAネットワークで放送がスタートした「ホワイトカラー」は、ニューヨークを舞台に天才詐欺師ニール・キャフリーがFBIの知的犯罪捜査班に協力して難事件を解決する犯罪捜査ドラマ。
犯罪者のイメージを覆す洗練されたイケメンのニールを演じたマット・ボマーはこのドラマで一躍人気スターの仲間入りを果たし、FBI捜査官ピーターとの息の合ったバディものとしても人気を呼びました。
フィナーレとなったシーズン6最終話は、天才詐欺師の本領を発揮して見事な幕引きを見せてくれました。

WHITE COLLAR -- Season 1 -- Pictured: (l-r) Willie Garson as Mozzie, Matt Bomer as Neal Caffrey, Tim DeKay as Peter Burke, Tiffani Thiessen as Elizabeth Burke -- (Photo by: Nigel Parry/USA Network)

ダウントン・アビー

20世紀前半を舞台にイギリス田園地帯にある大邸宅 “ダウントン・アビー”で繰り広げられる貴族一家とその使用人たちのさまざまな愛憎劇を描いたドラマ。2010年にイギリスのITVで放送が開始、その内容が高く評価されて2011年にはアメリカの公共放送局PBSでも放送され、エミー賞をはじめとした数々の賞を受賞、日本では2014年からNHKで放送されて大人気となりました。
2019年は、待望の映画版が公開される予定で、ドラマのストーリーのその後が描かれ、シーズン6の最終話で屋敷を去った執事のカーソンさんも戻ってくるようです。日本でも是非公開してほしいですね。

https://www.imdb.com/title/tt1606375/mediaviewer/rm3412658176

glee/グリー

米FOXで2009年に放送スタートしたミュージカル・コメディ・ドラマ。
オハイオ州の田舎町にあるウィリアム・マッキンリー高校のグリー(合唱)クラブの生徒たちが、さまざまな悩みを抱えながらも、教師や親に支えられ、友人たちとともに音楽を通して夢や希望を見出していく姿が共感を呼びました。
出演者たちはたちまち人気者となり、サウンドトラックが3作品連続で全米アルバム・チャートの1位を記録するなど、全米で社会現象を巻き起こす大ヒット作となりました。

日本では、2010年にFOXチャンネルその後2011年4月にNHK BSプレミアムでシーズン1の放送が開始して、日本でも新たなTVドラマファンを獲得した人気シリーズになりました。

https://www.imdb.com/title/tt1327801/mediaviewer/rm1034770944

GRIMM/グリム

2011年に米NBCで放送がスタートした「GRIMM/グリム」は、犯罪捜査とダーク・ファンタジーが融合した新感覚の刑事ドラマ。癌で余命わずかの叔母から自分が童話で有名なグリム兄弟の末裔であることを知らされたポートランド警察殺人課の刑事ニック・ブルクハルトは、グリムの家系に伝わる自らの特殊能力に気づき、人間社会に潜む魔物(ヴェッセン)が関わる事件の解決に挑んでいきます。
「赤ずきん」「ハーメルンの笛吹き男」「ヘンゼルとグレーテル」など有名な童話がモチーフに組み込まれているところもこのドラマの魅力でした。

GRIMM -- Season: Pilot -- Pictured: (l-r) Reggie Lee as Sgt. Wu, Sash Roiz as Captain Renard, David Giuntoli as Nick Burckhardt, Bitsie Tulloch as Juliette, Russell Hornsby as Hank Green, Silas Weir Mitchell as Monroe -- (Photo by: Mitchell Haaseth/NBC/NBCU Photo Bank via Getty Images)

MAJOR CRIMES 重大犯罪課

シーズン7まで続いたキーラ・セジウィック主演の人気ドラマ「クローザー」のスピンオフとして2012年に米TNTで放送がスタート。
「クローザー」に第5シーズンからゲスト出演し、ファイナルの第7シーズンでレギュラー入りしたメアリー・マクドネル演じるシャロン・レイダーを主人公に据えた続編です。
シャロンは、キーラ・セジウィックが演じたブレンダ・リー・ジョンソンの後任として重大犯罪課チーフに就任、当初は周りから反感を買うこともありましたが、次第にチームに馴染みシーズン6まで続いた人気シリーズでした。
ファイナル・シーズンではシャロンに幸せが訪れた直後の衝撃の展開で、ファンからはシリーズ終了を惜しむ声が絶えませんでした。

https://www.imdb.com/title/tt1936532/mediaviewer/rm2924129024

GIRLS/ガールズ

2012年からHBOで放送がスタートした「GIRLS/ガールズ」は、SATCと同じくニューヨークが舞台のラブコメディ。SATCとの大きな違いは、セレブとは程遠いごく普通の女の子たちが主人公であること。ストーリーの大半は製作総指揮のレナ・ダナムの実体験が基になっており、レナ自身が演じた主人公ハンナをはじめとしたリアルで等身大の女性たちの姿が若い女性の共感を呼びました。
また、ハンナのボーイフレンド、アダムを演じたアダム・ドライバーはこの作品でブレイク。『スター・ウォーズ』シリーズのカイロ・レン役に抜擢、さらにスパイク・リー監督作『ブラック・クランズマン』ではアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、TV出身の演技派スターが誕生しました。

https://www.imdb.com/title/tt1723816/mediaviewer/rm2794108672

ジ・アメリカンズ

2013年に米FXで放送がスタート、フィナーレとなるシーズン6で念願のゴールデン・グローブ賞TVドラマ部門で作品賞を受賞したのが、アメリカに夫婦を装い潜入した男女2人のKGBスパイの工作活動を描いたのが「ジ・アメリカンズ」です。
FBIの執拗な追跡をかわしながら、体を張った命がけのミッションを遂行するスパイドラマとしての面白さに加え、家族、友人との愛情や葛藤を描いた人間ドラマとしても見応えがありました。
一話完結ものではない連続ドラマは中途半端な終わり方が多い中で、見事な結末を迎えた完成度の高いドラマでした。

https://www.imdb.com/title/tt2149175/mediaviewer/rm3427380480

NIP/TUCK

このドラマを最強ドラマに入れるか非常に迷ったのですが、あえて加えました。
なぜなら前半は素晴らしい出来だったからです。
2003年より米FXで放送が開始。ライアン・マーフィー製作総指揮による2人の美容整形外科医が主人公のドラマで、セックス描写や手術シーンなど過激な内容が話題を呼ぶものの、スポンサーを降りる企業も現れるなど各方面から多くの批判も集まりました。
一方、批評家からは高い評価を受け、2005年には「24 -TWENTY FOUR-」「LOST」「ザ・ソプラノズ」など並みいる強敵を退けゴールデン・グローブ賞作品賞を受賞しました。
舞台となるマイアミのダークな部分もドラマの魅力の一つでしたが、設定がロサンゼルスに移ったシーズン5の辺りから、複雑で濃厚な人間関係が破綻し始め、ストーリーも迷走気味に。
さらに日本では、シーズン6がDVD未発売という悲運も重なり、筆者もシーズン6は未見のままです。
配信ではこのような作品こそ是非見るチャンスがあればうれしい限りですね。

https://www.imdb.com/title/tt0361217/mediaviewer/rm1652462080