鷹和田、交流戦V導いた651日ぶり白星にファン歓喜 「最高の一日」「感動」

©株式会社Creative2

ソフトバンク・和田毅【写真:藤浦一都】

5回1失点の好投を見せ651日ぶりの白星を挙げた和田、試合後にはインスタを更新

 ソフトバンクの和田毅投手が23日の巨人戦(東京ドーム)に先発し5回3安打1失点の好投で2017年9月10日対ロッテ戦(ヤフオクドーム)以来、651日ぶりの白星を挙げた。自身のインスタグラムでは無失点リレーを見せた救援陣に感謝の言葉を綴った。

 和田は試合後にインスタを更新。「交流戦優勝!! 久しぶりの白星をつけてくれた頼もしい投手たちと」とコメントを添え、6回から登板した嘉弥真、椎野、モイネロ、ルーキー・甲斐野のリリーフ陣との5ショット写真を公開。

「打撃も投手陣も、交流戦優勝と和田さんに勝ちをつけたいという想いが伝わってきて感動しました」

「わっち おめでとうございます 今度はヤフオク!ドームで、勝利を見たいです」

「ワッチおめでとう これからも若い投手を引っ張って頑張ってください」

「和田投手白星おめでとうとございます 最高の一日です」

「和田さ~~~~ん。完全復活おめでとう」

 左肩痛から復活を果たし白星を挙げた和田にファンも歓喜の声を上げていた。次にファンが期待するのは本拠地での白星。リーグ優勝、日本一にはベテラン左腕の活躍が必要不可欠だ。(Full-Count編集部)