スペインにすげぇレフティがいる!23歳新星の「超バナナシュート」 がこれ

©株式会社コリー

来年の東京オリンピック出場権がかかっているUEFA U-21欧州選手権。

U-21スペイン代表は2勝1敗で決勝トーナメントに進出し、五輪切符を勝ち取った。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

ポーランドとのグループステージ最終戦は5-0の快勝。ナポリに所属する23歳のMFファビアン・ルイスは驚愕の一発を叩き込んでいる(動画1分23秒~)。

動画を見たい場合はここをタップ!

なんて軌道!

ボールを運びながら左足を一閃すると、グンッと曲がるシュートでコースを射抜いた。GKもノーチャンスのスーペルゴラッソだ。

ただ、ファビアンは1996年生まれのなので、東京五輪世代(1997年1月1日以降)からは外れるのだが…。

【関連記事】 ペップが惚れる天才レフティ!フォデンの「魔法テク」 がこれ

スペインは準決勝でルーマニアかフランスと対戦する。