【MLB】大谷翔平、代打で169キロ弾丸右前打! 打球速すぎて二走生還できず…

©株式会社Creative2

エンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

6回1死一、二塁で右前打 今季代打初安打

■カージナルス – エンゼルス(日本時間24日・セントルイス)

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、敵地・カージナルス戦の6回に代打で出場。右前打を放ち、4試合ぶり安打をマークした。代打では今季5打席目で初安打となった。

 1点リードの6回1死一、二塁。投手のスカッグスの代打で登場した。初球のツーシームはファウルとし、2球目の高めに浮いたチェンジアップを右前へ打ち返した。打球速度105マイル(約169キロ)の弾丸ライナー。ただ、打球はライナー。打線も上位が続き、打球が抜けてからスタートを切った二塁走者・フレッチャーは生還できなかった。

 今季は41試合出場し、打率.276、9本塁打、30打点、3盗塁。代打では昨季22試合出場し、19打数6安打の打率.316、2本塁打、4打点をマーク。今季は代打で4打数1安打、1四球とした。(Full-Count編集部)