日大東北、県新で連覇 県高体水泳・女子800メートルリレー

©福島民友新聞株式会社

 第65回県高校体育大会水泳競技最終日は23日、郡山市の郡山しんきん開成山プールで、男女10種目の決勝が行われた。

 女子800メートルリレーでは、日大東北が8分55秒62の県新記録で2連覇を達成した。◆ぶっつけ本番、県新記録 ぶっつけ本番のメンバーで大記録を打ち立てた。女子800メートルリレーで2年連続の県新記録を出し、女子のリレー種目3冠を達成した日大東北。そのリレーメンバーが決まったのは、この日の朝だった。

 毎回当日の朝に発表されるリレーメンバー。第3泳者を務めた山田琉愛(2年)は自分の名前を呼ばれると驚きの声を上げた。

 これまでリレーメンバーではなかっただけに「あると思っていなかった」(山田)。しかしそのサプライズが逆にやる気になったという。

 高山理乃(3年)、中山実咲(2年)とつなぎ100メートルを過ぎたところでトップに立った日大東北。そのまま先頭でプールに飛び込んだ山田は、短水路での自己新となる泳ぎを見せると、後続との差をさらに広げ、最終泳者の安達光(同)につなげた。

 チームの目標はそれぞれがあと1秒ずつタイムを縮めること。このリレーを含め、今大会で5冠を達成した高山は「東北でも5冠を目指したい」と新たな目標を掲げた。