オリックス、黒木の「トミー・ジョン手術」終了を発表 今季絶望、復帰は来季へ

©株式会社Creative2

オリックス・黒木優太【写真:荒川祐史】

球団が黒木の「右肘内側側副靭帯再建術および右肘鏡視下骨棘切除術」を発表

 オリックスは24日、黒木優太投手が「右肘内側側副靭帯再建術および右肘鏡視下骨棘切除術」を行ったことを発表した。約1週間入院した後、患部の状態を見ながらリハビリを行っていく。

 黒木は2月のキャンプ中に「右肘内側じん帯の炎症」で離脱。リハビリを続け2軍戦で復帰しここまで7試合に登板し1勝0敗、防御率0.00。今季1軍登板はなかった。(Full-Count編集部)