韓国初のドーム球場が管理ノウハウを東京ドームに伝授!=韓国ネットもびっくり「逆じゃなくて?」

©株式会社 Record China

2019年6月23日、韓国・ニューシスによると、韓国のプロ野球チーム、キウム・ヒーローズが「日本の東京ドーム関係者らに高尺(ゴチョク)スカイドームのグラウンド管理のノウハウを伝授する」と発表した。

記事は「株式会社東京ドーム関係者らは27日と28日に高尺スカイドームを見学するため訪韓する」とし、同社について「1988年に開場した日本初のドーム球場である東京ドームを所有している」と説明している。同社視察団は東京ドームのグラウンドを管理する実務者らで構成され、ホームチームのロッカールームやブルペンなどの高尺スカイドームの施設を見学する。また、試合前のグラウンド準備の流れや試合中のグラウンド管理状況、試合後のグラウンドメンテナンスも見学する予定という。

高尺スカイドームはソウルにある韓国初のドーム球場で2015年10月に開場したが、開場直後から野球ファンや選手の不満を集めていた。そのためこの記事に韓国のネットユーザーからは「誰が誰にノウハウを伝授するって?」「逆に学ばせてもらうべきでは?」「高尺ドームは雨漏りするけど?」「東京ドームよりいいなんてあり得ないよ」「ノウハウ伝授ではなく、韓国初のドーム球場を見学に来るだけでしょ」「ただ観光しに来るんだよ。高尺ドームの欠陥は一つ二つじゃないことぐらい知っているだろう」など驚きや疑問の声が寄せられている。

また「競技場だけよくてもね…。選手のプレイがアマチュアレベルで空席だらけなのに」と皮肉交じりの声も。

一方で「東京ドーム関係者がわざわざ来るということはそれだけ高尺ドームの管理が素晴らしいということ。後発者だけど優れた点は学ぼうという姿勢もすごいし、そんなノウハウを持つ高尺ドームも称賛に値する」と評価する声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)