ヤマハ発動機、ESG投資の代表的指標の構成銘柄に初選定

©株式会社イード

ヤマハ発動機は6月24日、ESG(環境・社会・ガバナンス)に関する世界的指数「FTSE4Good Index Series」と、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG投資のために採用している指数「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に初めて選定されたと発表した。

FTSE4Good Index Seriesは、ロンドン証券取引所が100%出資するFTSE Russell社がESGに関する対応に優れた企業を毎年選定して構成する指数。ESG情報を重視する投資家の主要な投資選択基準の一つになっている。またFTSE Blossom Japan Indexは、世界最大の年金基金であるGPIFがESG投資のための指数として日本企業を対象に2017年から採用しているもの。

今回ヤマハ発動機は、ESG投資の代表的な指標とされる両構成銘柄に初めて選定された。