岡田健史、初主演ドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」に臨む!「今お芝居がすごく楽しい」

©株式会社東京ニュース通信社

岡田健史、初主演ドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」に臨む!「今お芝居がすごく楽しい」

FBS福岡放送の開局50周年を記念し、スペシャルドラマ「博多弁の女に子はかわいいと思いませんか?」が7月19日に放送されます。東京で暮らしている男子高校生・東京(あずまみやこ)が博多から転校してきた幼なじみ・博多乃どん子と再会。博多弁全開で遠慮なしに自分を巻き込むどん子に戸惑いながらもひかれていき…? そんな博多弁や博多っ子の魅力満載のラブコメディーが描かれます。

主人公・京役を務めるのは、2018年に放送された「中学聖日記」(TBS系)への出演で注目を集めた福岡出身の岡田健史さん。ヒロイン・乃どん子役は「女子高生ミスコン2017-2018」でグランプリに選ばれた“日本一かわいい女子高校生”で福岡出身の福田愛依さん。ほかにも、光石研さん、原沙知絵さん、森口博子さん、野間口徹さんら福岡出身の豪華キャストも集結!

今年5月に20歳の誕生日を迎え、初の主演に挑む岡田さん。地元・福岡や博多弁の魅力、今の基盤になっているという長年続けた野球での経験、「今すごく楽しい」というお芝居についてなど、たくさんのお話を伺いました!

──博多弁が飛び交う撮影現場だと思いますが、ご自身も博多弁で話す機会が多いですか?

「敬語じゃないというか、くだけた感じになると(博多弁が)自然と出るんだなというのは感じました。自分は標準語で話しにくいということもないんですけど、やはり博多弁の方が話しやすいというのもあるんです。現場で福田愛依さんから博多弁で話しかけられて自分が博多弁で返したのは、たぶん1回か2回くらいなんですけど、それでもその時は『懐かしいな』って感じました」

──出演者で福岡出身の方が多くいらっしゃいますが、皆さんは博多弁を使われていますか?

「福田さんはもちろんそうですし、光石さん演じられる内藤先生と京のいいシーンがありまして、そこで自分は本当の父と対面しているかのように感じたんです。その時に光石さんがおっしゃった博多弁に対して、スタッフさんから『今、光石さん噛(か)んじゃったんですか?』って言われていて、『いや、噛(か)んでないですよ。こういう方言なんです』って。自分にはそれが伝わって、『あっ、お父さん…』と思ってしまって(笑)。昔の福岡弁というか、そういうのを光石さんが自分の父と同じように使っていたというか、それで自分は父みたいだと感じました。自分たちの世代は使わない方言もあったり、地域によって使う、使わないというのがあったりして。それを現場で話したり、自分の故郷について話せるのが楽しいというか、すごく和む気持ちになります」

──タイトルにもありますが、博多弁を話す異性のかわいらしさはどこにあると思いますか?

「よく聞かれるんですけど、どこですかね…(笑)。やっぱり。『~と』というのがかわいいですね。『好いとうよ』って、実際は使わないんですけど、『~と』が博多弁の特徴というのかなと」

──「好いとうよ」とは言わないとのことですが、本当はどのように言うのですか?

「普通に『好きです』とか『好きやけんね』とか『好きっちゃんね』とかだと思いますね」

──福岡のお薦めスポットや好きな食べ物などを教えてください。

「申し訳ないんですけど、野球しかやっていなかったので…(笑)。食べ物だったら、ラーメンもおいしいですし、海鮮系のお刺し身もおいしいですし。上京してきてからいろんな人に『福岡っておいしいものが多いし、生活環境もいいし、住みやすいよね』っていう声を聞いて、自分のふるさとをそういうふうに言っていただけるのがすごくうれしいです。その中でも、やっぱりラーメンが好きですね。父も好きなので、いろんなところに連れて行ってもらっているんですけど、父と自分の2人で『ここはナンバーワンだよね』って言っているお店はあります」

──今回の撮影で初めて知った福岡のことなどは何かありますか?

「知ったというか、知りたいなと思った部分があって。自分はこれまで野球しかやったことがなくて、存在は知っているんですけど『博多祇園山笠』(毎年7月1日から15日にかけて開催される、700年以上の伝統がある祭り)だったり、『博多どんたく』(毎年5月3・4日に開催される祭り)っていうのに参加したことがないんです。テレビでやっているのを見て、『山笠の時期だね』とかそういうのはあったけど、『じゃあ、どういうことするの?』って聞かれた時に答えられないと思ったんです、今回の現場で。ちょっと遅いのかもしれないですけど、自分の地元のお祭りとかそういう行事について、もうちょっと知りたいなと思って、いいきっかけになってよかったと思っています」

──これまで野球しかやってこなかったということですが、逆に野球を続けてきたことで、役者になってその経験が生きる部分や武器になるところもあるかと思います。

「武器というか、それしかないと思っていますね。自分が生きていく上で使うべくものは、野球で培って学んできたものだと思っています。それは使えるというよりは、使わざるをえないというか。今年20歳になって、その中で自分は11年間野球をやってきて、単純計算で半分以上は野球をやってきたので。だからこそ、その時に学んだことだったり培った思いだったりうれしかったこととか、苦しかったこととかつらかったこと、そういったことが今の自分の基盤になっていると信じています。『小学生時代の監督が言っていたことはこういうことだったのか』とか、野球以外の世界に出てみて、あの時に学んだことが生きていると分かることが自分はすごくうれしいですね」

──何か具体的なことをお聞かせください。

「高校の時の監督がおっしゃっていたことで『気付きの多さが勝敗を分ける』というのがあって。高校の監督に限らず小・中・高の指導者の方は全員、野球の技術はもちろんなんですけど、野球以外で社会に通用する人間を育てることを第一として、人間力を鍛える指導というのをたくさんされてきたので、自分は恵まれた環境で野球をできていたなって思っています。『気付きの多さが勝敗を分ける』というのは、『あのピッチャーの癖はどこにある』とか『相手の監督はどういう癖で、この時はこういう作戦で来る』とか、そういう時に考えて判断できるようにと。日頃から例えばゴミが落ちていたら拾うとか、そうやって視野を広げていかないと気付くことすらできないということです。今の現場に入って、例えばお芝居で相手役の方がちょっと変えてきた時に、自分がそれに反応できるかできないかっていうのは、そういうところなんじゃないかなって思っています」

──今回、主演として引っ張っているという意識はありますか?

「引っ張っているっていう意識はまったくないです。今回は、本当にとてもありがたいことに主演として東京役をやらせていただいていますが、主演だからではなく、この現場で何に挑戦するべきかというか。前作(『中学聖日記』)で自分が足りなかったことを今回の作品で挑戦してみて、自分のものにしてみたいとかがあって、今お芝居がすごく楽しいです。今回はラブコメということですが、前作とは全く違う趣旨というかニュアンスがあるので、そういった中で自分がどういった役割を果たすことができるのか、どういったふうにしないといけないのか、ドラマを撮り終えて作品が出来上がって見た時にどういった課題が見つかるのかっていうのをすごく楽しみにしています。現場にもそういった意識で行かせていただいているので、福田さんにとってやりやすいようにとか、現場の中でどん子と京が生き生きと見えるようにするにはどうしたらいいんだろうかって考えて臨んでいます」

──それは気遣いだということでもあると思うんですが、長く続けてきた野球のポジションがキャッチャーでそれが生きているのですか?

「気遣わないといけないということで接しているのではないです。でもやっぱり、どうせやるんだったら面白くやりたいですし、お互いにいい演技をして少しでもいい作品ができるように、『じゃあ自分がどういうふうにいればいいのか』とか、周りの方が迷われている時に『自分が迷った時にどうしてほしいの?』って自分に問いかけています。自分がされてうれしいことをするように、されて嫌なことをしないようにと」

──先ほど前作というお話が出ましたが、その前作である「中学聖日記」への出演が高評価で、周りからの反応や今の生活などは変わりましたか?

「生活環境はがらりと変わりましたし、野球をやっていた時の体とはほど遠いというか。違う体質にもなっています。たくさんの変化を感じているんですけど、自分は変化していくことが当然だと思うし、変わらないと怖いですし。年齢を重ねていく中で現状維持っていうことは退化だと思っているので。いい意味で変わっているのか、悪い意味で変化しているのかはよく分からないですけど、自分が変わるだとか、環境とか周りの反応が変わることを恐れずにどんどん自分から積極的に取り組みたいなと思っています」

──変化の中で、街の人に声をかけられるようになったとかもありますか?

「そうですね、それは増えてきましたね」

──今作では制服を着る役を演じていますが、ご自身は20歳です。その点についてはいかがですか?

「役なので、『嫌だな』『変だな』『違和感あるな』とかはないです。極端に言うと、80歳になって制服着るというのは不自然なので、今に合った役、今しかできない役もあると思います。今しか表現できない若さとか未熟さを表現できたらいいなと思っているので、今回制服を着る学生役をいただいて本当にうれしく思います」

──なるほど。20歳の1年間はどんなふうに過ごしていきたいですか?

「20歳になったことで、より一層責任が増えてくると思うので、気を引き締めて再スタートというか。でも、それはそれなんですけど、20歳だからといって特別なことをしようとはせずに、一つ一つ目の前のことに全力で生きていきたいなと思っています」

──ありがとうございました!

【プロフィール】


岡田健史(おかだ けんし)
1999年5月12日生まれ。福岡県出身。2018年、ドラマ「中学聖日記」(TBS系)で黒岩晶役に抜てきされデビュー。ファースト写真集「鼓動」が発売中。

【番組情報】


FBS福岡放送開局50周年記念スペシャルドラマ「博多弁の女の子はかわいいと思いませんか?」
FBS福岡放送
7月19日 午後7:00~7:56

【プレゼント】


岡田健史のサイン入り生写真を2名様にプレゼント!

https://twitter.com/internettvg/status/1142886655033892864?s=21
さらに、ツイート内のリンクをクリックし、必要事項を入力してください。

●締め切り:2019年7月22日(月)正午

●発表方法:当選者の発表は、賞品の発送をもって代えさせていただきます。あらかじめご了承ください。

取材・文・撮影/K・T(FBS担当)
衣装協力/ジャーナル スタンダード 表参道(03-6418-7961)、BILLY’S(03-5466-2432)