米で驚愕の“神走塁”! 浅い二飛でタッチアップ生還にMLB公式驚愕「非現実的」

©株式会社Creative2

タッチアップで生還したパドレスのフェルナンド・タティスJr.【写真:AP】

三塁走者のタティスJr.は浅い二塁へのフライでタッチアップし生還

■パイレーツ 11-10 パドレス(日本時間24日・ピッツバーグ)

 パドレスのフェルナンド・タティスJr.内野手が大胆過ぎる走塁を見せ話題となっている。23日(日本時間24日)に行われた敵地パイレーツ戦での二飛でタッチアップし生還する“神走塁”を複数の米メディアが伝えている。

 脚力、判断、スライディングテクニック…全ての要素が集約された“神走塁”が起こったのは初回だった。1死二、三塁からレンフローは平凡なフライを二塁へ打ち上げた。誰もが二飛と思った打球に反応したのは三走タティスJr.。浅い二飛でタッチアップを試み本塁へのヘッドスライディングは体をそらし左手だけを目一杯伸ばしホームベースを触れた。

 一度はアウト判定だったがチャレンジの結果、判定が覆りセーフとなり先制点を奪った。結果は二犠飛。まさかの走塁に球場は大歓声に包まれた。

 MLB公式サイト内の人気コーナー「Cut4」は「タティスJr.がセカンドフライ(!)で生還するハッスルを見せる」と見出しを付け動画を公開。記事では「普通の浅いフライで誰かが三塁からタッチアップで生還したと、お伝えしたらどう思いますか?」と問いかけ、タティスJr.の走塁を絶賛。「球界で最も驚くべき選手の1人として名を馳せ始めている。ただ、非現実的だった」と伝えている。

 また、パドレス球団公式ツイッターも「大胆不敵なフェルナンド」とコメントを添え動画を公開。セカンドフライでタッチアップを決めたタティスJr.にファンも驚愕するしかなかった。

「ワォ!!!!」

「アグレッシブな野球。気に入った!」

「ナ・リーグ新人王!」

「スーパースター」

「将来のMVP!」

「見るのが楽しい選手」

 タティスJr.は今季メジャーデビューを飾ったルーキーでここまで42試合に出場し打率.318、8本塁打、21打点、8盗塁をマーク。ファンはナ・リーグ新人王、そして将来のMVP候補として大きな期待を込めていた。(Full-Count編集部)