清方の名作44年ぶり公開 東京国立近代美術館が収蔵

©一般社団法人共同通信社

近代日本画の巨匠、鏑木清方(1878~1972年)の代表作で、美人画の名作「築地明石町」(27年、縦約1㍍74㌢、横74㌢)が24日、新たに収蔵した東京国立近代美術館で、44年ぶりに公開された。11月1日から12月15日まで同館で特別公開される。