「もみ消して冬」SPの主題歌がHey! Say! JUMPが歌う「上を向いて歩こう」に決定

©株式会社東京ニュース通信社

日本テレビ系で6月29日放送のスペシャルドラマ「もみ消して冬 2019夏~夏でも寒くて死にそうです~」(午後9:00)の主題歌が、Hey! Say! JUMPによる坂本九の名曲「上を向いて歩こう」のカバーバージョンになることが分かった。ドラマの主人公・北沢秀作を演じるHey! Say! JUMPの山田涼介は「日本を代表する名曲を、自分が主演するドラマの主題歌として、Hey! Say! JUMPでカバーさせていただけることはすごくうれしいです」と喜びのコメントを寄せた。

同ドラマは2018年1月期に放送された連続ドラマ「もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~」の続編で、北沢家の次男で元エリート警察官の秀作を主人公に、長男の医者・博文(小澤征悦)、長女の弁護士・知晶(波瑠)の3きょうだいが、家族がしでかした不祥事を全力でなかったことにするコメディー。今作では「AI天才外科医」として凱旋(がいせん)帰国した博文が北沢家に「AIケンジ」と妹の「AIサユリ」を持ち込み、家族が大混乱するストーリーが描かれる。

「上を向いて歩こう」は作詞・永六輔、作曲・中村八大による楽曲。1961年に坂本九が歌ったオリジナル版は、日本のみならず、米ビルボード誌でも1位を獲得するなど、世界的な支持を受けた。

Hey! Say! JUMPのカバーバージョンが聴けるのはドラマのみで、山田は「まだ完成版を見ていないので、このスペシャルドラマに『上を向いて歩こう』がどう入ってくるのか、視聴者の皆さまと一緒に楽しみにしたいです。台本を読む限り、今回のドラマは、家族愛が色濃く出ていて、エンディングもとても気持ちのよい終わり方をするので、この曲が入ることでその気持ちよさが倍増するんじゃないかと。世界中で有名な曲ですが、このドラマをきっかけで知るような若い方々もいると思います。もっと幅広い世代の方に知っていただけるように、僕たちも発信していきたいです」とアピールしている。