あなたの番です:特別編で菜奈と翔太の幸せシーンも「つらすぎる」「号泣」 「どん底に突き落とす」ラストに“悲鳴”も

©株式会社MANTAN

ドラマ「あなたの番です」特別編の一場面=日本テレビ提供

 女優の原田知世さんと俳優の田中圭さんがダブル主演する連続ドラマ「あなたの番です」(日本テレビ系)の特別編が6月23日に放送された。特別編では、回想シーンで菜奈(原田さん)と翔太(田中さん)の出会いからプロポーズまでの軌跡が描かれたが、第1章最終回となった前話(16日放送)で菜奈の悲劇が描かれたこともあり、SNSでは「しょっぱなから号泣」「切なくて見られない」「つらすぎる」「見ていて泣きそうになるくらい翔太くんと菜奈ちゃんカップルが尊い」「幸せな2人が、むしろ悲しい」といった悲痛のコメントが相次いだ。

 ドラマは「交換殺人」が題材。原田さんと田中さん演じる新婚夫婦が、引っ越し先の分譲マンションで起きた連続殺人の謎に挑む姿が描かれるミステリーで、秋元康さんが企画・原案を手がける。同局では約25年ぶりの2クール(4~9月)連続ドラマ。ドラマの第2章「あなたの番です-反撃編-」が30日から放送される。特別編では、刑事たちの目線で、ドラマ第1章で起きた全事件を振り返り、菜奈と翔太の出会いからプロポーズまでの軌跡を描いた。

 特別編は、翔太が菜奈に31回にもおよぶ告白の末、交際にこぎ着けた様子や、感動的なプロポーズなどが回想シーンで描かれた。しかし、終盤の現在パートでは次回の30日放送回から始まる新章「反撃編」へつながるような“衝撃展開”が待ち受けていた。

 そのギャップにSNSでは「泣きながら見ていたら、最後5分でどん底にぶち落とされてもうほんとにショックが止まらない」「日曜にこんな絶望のどん底に突き落とさないでほしい」「最後の最後怖すぎ」「途中までよかったのに、急に怖くなるから鳥肌立った」といった悲鳴のようなコメントが上がった。