オリ竹安、移籍後初勝利でチームは今季初4連勝! ヤクルトは打線沈黙

©株式会社Creative2

オリックス・西村徳文監督【写真:荒川祐史】

オリックスの竹安は7回0/3を5安打2失点の好投で阪神から移籍後初勝利

■オリックス 6-2 ヤクルト(交流戦・24日・神宮)

 オリックスは24日、敵地・神宮でのヤクルト戦を6-2で勝利し今季初の4連勝をマークした。交流戦を11勝6敗1分けの2位で終えた。先発の竹安は7回0/3を5安打2失点の好投で阪神から移籍後、初勝利を挙げた。

 オリックスは初回に福田のプロ初となる1号先頭打者アーチで先制すると、さらに2死一、二塁から後藤の右翼フェンス直撃のタイムリー2点三塁打でこの回3点を奪う。

 さらに5回には2死三塁から中川の中前タイムリーなどで2点を追加。7回には吉田正の13号ソロが飛び出しリードを広げた。先発の竹安は7回0/3を5安打、6奪三振2失点の好投で阪神から移籍後初勝利を挙げた。

 ヤクルトは先発の清水が4回4安打3失点と踏ん張り切れず2敗目。打線もオリックス先発・竹安を打ち崩せなかった。(Full-Count編集部)