戦前から現代までのベントレーが明治神宮に集結…ベントレー100周年ツーリング

©株式会社イード

ベントレー100周年ツーリング

東京都渋谷区の明治神宮で6月24日、「ベントレー100周年ツーリング」のイベントスタートが行われ、戦前から2000年代までの17台のベントレーが集まった。

ベントレーモーターズがロンドンのベーカーストリートにある工場で産声を上げた1919年から数えて今年で100年。2019年は世界各地で100周年を祝う行事が行われており、この日のイベントも日本で開催されるもののひとつ。ベントレーモーターズジャパンが主催した初めてのオーナー向けツーリングイベントで、17名のベントレーオーナーとその関係者が参加した。

明治神宮の第2駐車場に集まったのは、以下の17台。

1924年製 3-4.5 Liter

1926年製 3 Liter

1926年製 3-4.5 Liter

1928年製 6.5 Liter

1929年製 6.5 Liter

1949年製 Mark VI

1954年製 R-Type Saloon

1957年製 S1

1961年製 S2 Continental

1996年製 AZURE

1996年製 TURBO R

1996年製 Continental R

1998年製 Continental R

1999年製 Continental R400

2007年製 Continental GT

2009年製 Continental GTC

2014年製 Mulsanne

午前10時に神宮内にある桃林荘でブリーフィングが行われ、同11時になると次々にスタートした。この日はあいにくの雨で、希少な戦前ものの車両もずぶ濡(ぬ)れとなったが、1926年製の「3リットル」などはトノカバーを装着してオープンのまま出発。ゴーグルなどで”完全武装”したオーナーは「これくらいの意地はみせないといけませんから」と白い歯を見せて手を振った。

この日、一行は埼玉県加須市にある「ワクイミュージアム」に立ち寄り、ベントレーコレクションを見学した後、長野県軽井沢にある「ルグラン軽井沢ホテル&リゾート」を目指した。