伊シェフが本場の味指導 富山調理製菓専門学校

©株式会社北國新聞社

 青池学園が運営する富山調理製菓専門学校(富山市)のイタリア料理講習会は24日開かれ、生徒や一般参加者がイタリア人シェフから本場の技術を学んだ。

 講習会は2部に分かれて行われ、外国人のためのイタリア料理学校(ICIF)のマルコ・アレッサンドロ・ボルセーロさんが講師を務めた。

 1部では調理技術科の1年生35人が、ボルセーロさんから味付けやスパゲティのゆで方などについてアドバイスを受けながら、アサリとムール貝入りスパゲティ、ホロホロ鳥の胸肉赤タマネギとトマト甘酢ソースの2品を仕上げた。2部には一般参加者約50人も加わった。