ラグビーチーム経営に置き換えると… 大分県予算案【大分県】

もう削れぬ選手の給料、借金増なお厳しい運営

©有限会社大分合同新聞社

 県予算案の中身をラグビーチームの経営に例えると―(1千億円を1億円に換算)。

 プロチーム「ゆけむりファイターズ」のオーナー、ひろせです。いよいよラグビーワールドカップ(W杯)大分開催まで100日を切りました。多くの外国人客も予想される中、チームの魅力を国内外に広くPRしていきたいです。

 今年の運営費は約6億5千万円。チケット収入(県税など)は昨年並みの1億7千万円を見込んでいます。広告料(諸収入など)は7千万円ほどです。

 一方で、自立した経営は難しい現状があります。スポンサー(国)からは3億円弱の資金提供(地方交付税、国庫支出金など)を受けています。さらに8千万円を借金(県債)し、預金から3千万円を引き出し(繰入金)て不足分に充てなければなりません。

 支出面では選手やスタッフの給料(人件費)が1億5千万円、治療費や厚生費(扶助費)が8千万円かかります。どちらも運営上不可欠で、これ以上削るのは難しいです。借金の返済(公債費)に8千万円を充てますが、残高は10億4千万円もあり、依然厳しい状況が続いています。

 W杯でも使用するホームスタジアムの改修や芝の張り替えなど施設整備(投資的経費)には1億6千万円を投入。必要箇所に積極的に資金を回します。地元の青少年選手の育成(おおいた創生加速前進枠)には210万円を準備。W杯の熱気も生かし、競技人口を増やしたいものです。

 有望選手を育て、多くの人を引きつけるような試合をして集客に努めなければ経営は成り立ちません。W杯も一過性の盛り上がりで終わらせず、チームの発展につなげられるよう頑張ります。