『フィアット500S』に、好評の2気筒ターボ+5速MTの限定車が再登場

©株式会社サンズ

 イタリアの国民車として、現在でも独自の存在感を示している『フィアット500』に、FCAが誇る最新の技術が詰まった2気筒直噴ターボの“ツインエア”に5速MTを組み合わせた限定モデル『500S Manuale Rossa(チンクエチェントエス・マヌアーレ・ロッサ)』が再登場。イタリア語で“赤”を意味する“Rossa(ロッサ)”を車名に含む鮮烈なボディカラーを採用し、6月15日から発売開始となっている。

 わずか875ccの2気筒という、オリジナルを彷彿とさせる記号性を持ちながら、この最新世代ではフィアットの誇る最新技術“マルチエア”を投入。吸気カムシャフトを廃して油圧ピストンを電子制御することで大幅なポンピングロス軽減と高効率化を実現したエンジンは、85PSの最高出力ながら2000回転前後で145Nmの実用的なトルクを供給する。

 JC08モード燃費で26.6km/リッターという省燃費性能も併せ持ちながら、そのポコポコとした独特のビートが気持ちよいエンジンに仕上がっており、通常カタログモデルには設定のない5速MTを組み合わせることで、日常の至るところでその性能とサウンドを引き出すことが可能となっている。

 エクステリアでは、マニュアルモデル専用のフォグランプ付フロントバンパーやサイドスカート、リヤバンパーを装備し、さらにサテングレーのアクセントラインやドアハンドル、クローム仕上げのエキゾーストフィニッシャーなど、細部にもスポーティ感を引き立てる演出が加えられている。

 また、足元にもダークグレーの専用15インチアルミホイールがスポーティな雰囲気を一層引き立て、ファッショナブルな雰囲気で男女を問わず人気の“パソドブレ レッド”のボディカラーと併せて、走りを予感させる1台に仕立てられた。

 一方のインテリアもそのスポーティさを受け継ぎ、引き締まった印象のブラックを基調に、シートやドア内張りに明るいアクセントカラーを採用。レザースポーツステアリングホイールや専用インストルメントパネル、Apple CarPlayとAndroid Autoにも対応した7インチタッチパネルモニター付のUconnect、START&STOPシステムなどが標準装備とされている。

 これら内外装に数多くの専用装備がおごられた『フィアット500S・マヌアーレ・ロッサ』の価格は、246万円となっている。

ファッショナブルな雰囲気で男女を問わず人気の”パソドブレ レッド”のボディカラーを採用
レザースポーツステアリングホイールや専用インストルメントパネルに5速MTを組み合わせる
引き締まった印象のブラックを基調に、シートやドア内張りに明るいアクセントカラーを採用した

公式サイト:https://www.fiat-auto.co.jp/limited/500smanuale_rossa