ダットサン・ブルーバード | 日産 - 名機L型エンジンを積んだハコはスポーティ

©ゴールデン横丁合同会社

サファリラリーなどでも大活躍した510型

・モデル名 :ダットサン・ブルーバード
・世代/型式:3代目/510型
・メーカー名:日産
・年式   :1971
・撮影場所 :前橋クラシックカーフェスティバル2017
・撮影者  :ミノ

「スーパーソニックライン」と呼ばれる、彫りの深い直線的なボディラインがカッコいい510型こと3代目ブルーバード。
後にフェアレディZやハコスカ・ケンメリ、ローレルなどにも積まれる名機「L型」エンジンを積んでいて、Zやハコスカに比べると小柄で軽いボディだったことから運動性能もバッチリなスポーティなハコだったんだ。
おかげでサファリラリーなどでも大活躍し、当時「ラリーの日産」のイメージを強くしたモデルなんだよ。

トヨペット・コロナとのし烈な販売競争「BC戦争」もよく語られるところだね。

旧車ギャラリー|ゴールデン横丁