<楽天>球宴ファン投票選出 浅村「出るからにはHR」松井「三振取れる投球を」

©株式会社河北新報社

ファン投票でオールスター(AllStar)に選出され、AとSのポーズをする浅村(左)と松井
ファン投票でオールスターに選出され、ガッツポーズする浅村と松井=楽天生命パーク宮城

 プロ野球マイナビオールスターゲーム2019のファン投票の最終結果が24日、発表された。

 東北楽天から選出された浅村と松井は24日、楽天生命パーク宮城で記者会見した。西武時代を含め通算7度目の出場となる浅村と3度目の松井は「ファンの皆さんに選んでもらって出られるのはうれしい」と口をそろえた。

 西武から東北楽天にフリーエージェント(FA)で今季新加入した浅村は、東北楽天では初めての選出となる。「楽天のユニホームで出場できるのは今までと違う喜びがある。ファンにいい活躍を見せられるようにしたい。出るからにはホームランを打ちたい」と意欲を見せた。

 開幕から全70試合に「3番・二塁」で先発出場し、打率2割9分1厘、43打点、16本塁打(24日現在)。勝ちにこだわる姿勢で攻守にチームを引っ張っている。球宴については「シーズンと違いプレッシャーがない。純粋に野球を楽しめる」と胸を高鳴らせた。

 2年ぶりに選出された松井は今季38試合に登板し防御率1.37、リーグトップの24セーブを挙げ、投球回計39回1/3に対し67三振を奪っている。守護神として抜群の存在感を示していることに「セーブ数が多いのはチームの状態がいいから」とチームメートに感謝し、「(球宴では)三振を取れるような投球をしたい」と抱負を述べた。

 球界を代表する選手との交流にも意欲的で「千賀さん(ソフトバンク)のトレーニングや宮西さん(日本ハム)の体のケアについて踏み込んで聞いてみたい」と語った。