大問題の女子W杯カメルーン戦…中国人主審、「VARを2度ムシ」 か

©株式会社コリー

フランスで行われているFIFA女子ワールドカップ。

決勝トーナメントのイングランド対カメルーン戦は大きな物議を醸している。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

VARを含めて不利な判定にあったカメルーンは試合を放棄するような姿勢まで見せたのだ。

この試合は中国と北朝鮮による審判団が担当。『Telegraph』によれば、中国のチン・リャン主審はカメルーンが試合を放棄するのを防ぐために、VARからのアドバイスを2度却下していたという。

カメルーンの試合放棄を懸念していたチン・リャン主審。イングランド側にPKが与えられるべき、危険なタックルをしたカメルーン選手を退場にすべきというVARのアドバイスを拒否したようだ。

【関連記事】U-20日本代表、韓国に敗れる!「疑惑の判定」シーンがこれ

これ以上不利な判定を下すと試合を放棄しかねないために忖度したということだろうか。ただ、FIFAは主審の決断を支持したとも…。