フォトロン、関西放送機器展2019出展概要を発表。Avid、EVS、TrackMen、Vizrtなどの映像制作システムを出展

©株式会社プロニュース

昨年の関西放送機器展フォトロンブースの様子

株式会社フォトロンは、2019年7月10日~11日の2日間、大阪南港ATCホールにて開催される「第4回 関西放送機器展」に出展する(ブースNo.A-44)。

同社ブースでは、Avid、EVS、TrackMen、Vizrtをはじめとする同社取扱いプロダクトの最新映像制作システムを出展する。主な出展製品は以下の通り。

(以下、プレスリリースより引用)

■Avid

ノンリニア編集&フィニッシングシステム「Media Composer」

2019年6月にリリースされたばかりの「Media Composer」最新バージョンをはじめ、快適且つ強力な編集環境を提供するストレージ「Avid NEXIS|E4」、NEXISファイル管理システム「Media Central|Editorial Management」をアセット管理のエントリーモデルとして紹介します。また、クラウドソリューションとして「Media Composer|Cloud VM」「Avid NEXIS|Cloudspaces」を展示します。

  • ノンリニア編集&フィニッシングシステム Media Composer【最新Ver】【4K HDR】
  • リアルタイムストレージシステム Avid NEXIS|E4/System Director Appliance【4K】
  • NEXISクラウド拡張ツール Avid NEXIS|Cloudspaces 【関西初】【Cloud】
  • バーチャル環境編集システム Media Composer|Cloud VM【Cloud】【4K】
  • NEXISファイルマネジメント MediaCentral|Editorial Management【関西初】
■EVS

ハイエンドライブプロダクションサーバ「XT-VIA」

転送速度向上/長距離伝送を可能にする「XNet-VIA(10GbE)」を搭載した最新のハイエンドライブプロダクションサーバ「XT-VIA」を関西エリアで初めて実機展示します。HFR、4K等、中継素材の高精細化に伴う拠点間の映像ソース共有時のストレスからの解放を提案します。また、海外のスタジアム・eスポーツシーンで活躍するソフトウェアベースのフレキシブルなIPベーススイッチャー「DYVI」を関西で初めて出展します。

  • ハイエンドライブプロダクションサーバ XT-VIA【関西初】【IP】【4K】
  • IPベースプロダクションスイッチャー DYVI【関西初】【IP】【4K】
■Telestream

ビデオプロセシング高速化ハードウェア「Lightspeed G6 Server」

トランスコード、フレームレート変換など、ビデオプロセッシングをワークフローデザインによってオートメーション化する基幹ソフトウェア「Vantage」と、高品質なアップコンバート、H.264・H.265変換を高速化する「Lightspeed G6 Server」を紹介します。

  • ハイエンドファイルベーストランスコーダ Vantage【4K】
  • ビデオプロセッシング高速化ハードウェア Lightspeed G6 Server【NEW】
■TFX-Artist

国産・自社開発テロップシステム「TFX-Artist」

関西エリア初出展となる国産・自社開発テロップシステム「TFX-Artist」による、より効率よく、よりハイクオリティなテロップ制作を提案します。また、「TFX-Artist」と「Adobe Premiere」とのシームレスな連携を実現するプラグインソフトウェア「TFX-Plugin for Adobe Premiere」も実機で紹介します。

  • 国産・自社開発テロップシステム TFX-Artist【4K】【8K】【関西初】
  • Adobe Premiereプラグイン TFX-Plugin for Adobe Premiere【関西初】
■TrackMen/Vizrt

マーカーレスカメラトラッキングシステム「TrackMen VioTrack R」

リアルタイムグラフィックス演出システム「Vizrt」と、関西エリア初出展となるTrackMen社のマーカーレスカメラトラッキングシステム「VioTrack R」による、スムーズで汎用性の高いバーチャル/AR演出を紹介します。

  • マーカーレスカメラトラッキングシステム TrackMen VioTrack R【関西初】