いわき・楢葉・広野を自転車で巡ろう 9月14、15日にフェス

©株式会社福島民報社

 「東北サイクリングフェスティバルinふくしま」は九月十四、十五の両日、「復興を感じながら聖火スタートの地を訪ねよう」をテーマに、いわき市と楢葉、広野両町を巡るコースで開かれる。

 日本サイクリング協会、東北ブロックサイクリング協議会の主催、県、いわき市、楢葉、広野両町、福島民報社などの後援。毎年、東北六県のサイクリング協会の持ち回りで開催しており、今年で五十五回を数える。

 初日はいわき新舞子ハイツを出発し、波立薬師寺やJヴィレッジ、広野西の沢、ワンダーファーム、防潮堤サイクリングロードなどを巡る約五十七キロのコースを走る。二日目は各自フリーランとなる。

 参加料は参加費と宿泊費込みで一般二万円、日帰りは参加費のみで一般六千円(いわき市民は五千円)。定員は全日程参加が百五十人、日帰り参加が五十人。申込書に必要事項を記入し、参加料を添えて県サイクリング協会か、タビックスジャパンいわき支店に申し込む。定員になり次第、締め切る。

 問い合わせは県サイクリング協会 電話024(922)5881へ