国内外チームが熱戦 郡上グローバルラグビー女子セブンズ大会

©株式会社岐阜新聞社

決勝・コロンビア×石見智翠館高=攻めるコロンビア選手=まん真ん中広場

 「郡上グローバルラグビー女子セブンズ大会」が、岐阜県郡上市・まん真ん中広場で開かれ、国内外の6チームが覇を競った。コロンビアが圧倒的な強さを示し、優勝を飾った。

 大会は郡上市が主催し、2020年東京五輪・パラリンピックのホストタウン相手国であるコロンビアとマダガスカルの代表チームを招待。国内からは高校、大学、クラブの4チームが参加し、2組に分かれた予選リーグと、各1位による決勝、順位決定戦を行った。

 決勝は、コロンビアが石見智翠館高(島根)に対し、5トライを奪うなど31-0で圧勝した。

 3位決定戦は、マダガスカルが追手門学院大(大阪)を31-5で破った。5位はアザレア・セブン(静岡)、6位はパールズ(三重)だった。