日本代表コパ・アメリカ敗退、森保監督が「選手に伝えたいこと」とは

©株式会社コリー

24日に行なわれたコパ・アメリカ2019・グループステージ第3節で日本代表はエクアドルと対戦し、1-1と引き分けた。

2分け1敗という結果で決勝トーナメントへの進出は不可能となり、この段階でコパ・アメリカからの敗退が決定している。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

チリ戦で0-4と大敗した後、ウルグアイに2-2、エクアドルに1-1というスコアとなったこの大会。チームを率いてきた森保一監督は以下のように話したという。

動画を見たい場合はここをタップ!

森保一 「しっかり出来たことと足りなかったことを、またこの大会を振り返って成長の糧にするということを伝えたいと思います。チャンスも作れましたし…」

アジアカップで起用した選手を招集できる義務がない状況で、東京五輪への出場資格を持つ若いメンバーを中心に臨んだコパ・アメリカ。

【関連記事】日本代表が奇跡未遂…中島「決定機」と久保建英「幻のゴール」がこれ

急造とも言えるチームを率いて3試合を戦った森保一監督は、その結果や内容から何を読み取ったのか。これからの指揮でその答えが示されるはずだ。