札幌FWジェイ、日本愛がすごい!もう「Jで引退する」宣言

©株式会社コリー

『It’s Round and It’s White』は24日、ウォーレン・スミス記者による北海道コンサドーレ札幌FWジェイ・ボスロイドのインタビューを掲載した。

イングランド代表経験を持つボスロイドは2015年にジュビロ磐田へ加入して以来Jリーグでプレーしており、2017年からは北海道コンサドーレ札幌に所属。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

怪我も抱えているためになかなかフルに出場とは行かないが、37歳となった今季も7試合に出場して1ゴール1アシストの結果を残している。

ジェイは日本での4年目について以下のように話したとのことだ。

ジェイ・ボスロイド (若いイングランドの選手が国外に出ている。他の国に挑戦することを勧める?)

「間違いなくね。実際の試合に出場する時間を稼ぐことは、とても重要なんだ。日本の若者にもそう言っているよ。

シニアの試合に参加できる場合、ユースレベルのサッカーをすることは文字通り意味がない。勝点とトロフィーを求めてプレーしている大人たちと戦うんだ。U-23やリザーブは無意味だ。

ジェイドン・サンチョは国外に行くことが成功につながると証明したね。スーパークラブが1名の選手に9000万ポンド(およそ130.98億円)払うような今の時代に、アカデミーの選手が食い込んでいくのは難しいよ。

日本の選手にも言っているよ。競争でない試合に馴染むなと。それならJ2やJ3でプレーしよう。本物の試合をして、何かを学ぶんだ」

(君が若かった頃と、今の若者との違いは何?)

「自分の世代は、最小限の報酬を得るために最大限の努力をした。毎日練習をして、監督は僕をベンチに置くかどうかを考える。

今は逆になっているね。『期待値』が大きな給料になる。何人かのまだ若い選手がメルセデスやフェラーリを母親に買い与え、練習に送ってもらっていると聞いている」

(今は日本に多くの選手が来る。君はそのトレンドの前にやってきたね。なぜそうなった?)

「QPR時代にマレーシアに行ったことがあり、その素晴らしさを覚えていた。天気はいいし、スタジアムも雰囲気が良かった。

その後タイに移籍する事になったが、そこのリーグは全く合わなかった。正直に言えば、僕は契約を解除してくれるようクラブに頼んだ。

日本に来る前に、サッカーの文化についてはもう少し調べたよ。これは本当に上手くいった。ここでの時間を本当に楽しんでいる。

ジーコやリネカーのようなレジェンドがどうしてここに来たのか、なぜ今なお多くの選手が日本に来るのか、その理由は簡単にわかる」

(37歳になって、契約は今季限りだ。次はどうなる?)

「僕は外国人だし、37歳だ。1年契約になるのは当然だよ。引退についてはまだ全く考えていない。自分が望むレベルを保つためにかなりのお金を費やしている。

ディフェンダーを置いてけぼりにすることができる限りはプレーし続ける。脳がイメージすることができなくなったら、やめることを考えるよ。

だけど、その時が来ることはわかっている。日本で引退することになるだろうね」

【関連記事】 大物ずらり!Jリーグでプレーする世界的な外国人10名

37歳になったものの、まだ引退については考えていないというジェイ。しかしそれまでは日本を離れるつもりはないとのことだ。