ローラ、「ヴィーガンなんてゆっていない」発言と行動に矛盾で賛否両論

©メディアシンク株式会社

モデルでタレントのローラ(29)が、自身のツイッターを更新した。

ローラは最近、インスタグラムで海外の友人たちに肉じゃがや唐揚げといった日本の家庭料理を振る舞った様子を公開したところ、「ヴィーガンは調理はいいのか?」「お肉めちゃくちゃ使っているじゃん!」「唐揚げもある…肉だらけじゃないか!」など、彼女がヴィーガンだと思っているネットユーザーから、発言と行動が違うと批判の声が集まってしまい話題となったばかり。

そんなローラが21日にツイッターのフォロワーから「ヴィーガンじゃなかったのですか?」と聞かれ「私はヴィーガンになりましたってどこにもゆっていないよ!ただ、普段の食生活にヴィーガンのお料理を沢山とりいれているよ!」と返した。

この内容にツイッターや一部のネット上からは「言ってないと言うならそれでいいけど、紛らわしいことを言っている自覚はないのかな?」「ヴィーガンの料理って野菜ってだけじゃん!(笑)わざわざヴィーガンという言葉を使わなくて良かったのにね」「ヴィーガンじゃないのに人に勧めるの?適当すぎるな」」といった疑問の声が多く寄せられてしまった。

しかし、「どんなローラちゃんでも応援しています!」「ヴィーガンとは確かに言っていないよね。なんでこんなことでローラちゃんが色々言われてしまうのが悲しい。頑張って!」などと、応援の声も寄せられていた。

実際はヴィーガンの食事を取り入れているだけで、自身はヴィーガンではないことを明かしたローラ。しかし、「ヴィ―ガンをとりいれている」という表現が中途半端な表現であるがゆえに、今現在もネットでは納得がいっていない人がいるようだ。