ソニーの“耳をふさがないイヤホン”で「ながら聴き野球観戦」。ドアラも「テンションあがりまくる」

©株式会社 音元出版

ソニーは、耳をふさがないスタイルの同社製イヤホンを活用した新しい野球観戦スタイル「ながら聴き観戦」のアピール企画を中日ドラゴンズのマスコット・ドアラとともに実施した。

左から梅村奈央、ドアラ、後藤理沙子

ソニーのオープンイヤーステレオヘッドセットは、同社独自の“耳をふさがない”音導管設計を採用し、耳の後ろに配置されたドライバーユニットから鼓膜へダイレクトに音を届ける構造のイヤホンシリーズ。周囲の音とプレーヤーからの音がブレンドされる新しいリスニング体験を実現するため、本機でラジオ実況を聞きながら野球観戦を行えば、球場の熱気をありのままに感じながらラジオ実況も楽しめる、よりリッチな野球観戦が可能になるという。

オープンイヤーステレオヘッドセット「STH40D」

6月21日から23日にかけてナゴヤドームにて開催された女性向けイベント『ガールズシリーズ 2019』では、“ドラゴンズ女子”のタレント・梅村奈央、後藤理沙子が「ながら聴き観戦」を体験。有線タイプの「STH40D」を装着した状態で、中日ドラゴンズ対北海道日本ハムファイターズの試合を観戦した。

ながら聴き観戦後、梅村は「イヤホンから聴こえてくるラジオ実況で、試合の楽しさがいつもの“倍”増しになります!」と、後藤は「周りが盛り上がっていてもちゃんとイヤホンからの音が聴こえるので、ラジオの解説と一緒に試合を楽しめます。新しいアイテムが一つ増えると、観戦の楽しみ方が広がりますよね」とその魅力をコメント。

梅村と後藤が「ながら聴き観戦」を体験

またドアラも、「実況と歓声が一緒に聞こえる新スタイル」「テンションあがりまくる」とフリップでコメントをした。

ドアラも「ながら聴き体験」についてフリップでコメントした