気象庁、7月の東・西日本で多雨

3カ月予報を発表

©一般社団法人共同通信社

昨年7月、台風が近づく東京・渋谷の交差点を渡る子ども

 気象庁は25日、7~9月の3カ月予報を発表した。東日本(関東甲信、北陸、東海)や西日本(近畿、中国、四国、九州)では7月を中心に湿った空気が流れ込みやすく、降水量は平年並みか多いとみられる。

 沖縄・奄美は暖かい空気に覆われやすく平年より気温が高くなる。北日本(北海道、東北)、東日本、西日本の気温は、ほぼ平年並みの見通し。

 エルニーニョ現象の影響で上空のチベット高気圧の張り出しが弱く、大陸から日本付近にかけての偏西風は平年より南を流れる見込み。昨夏のように厳しい暑さが長く続く可能性は低いが、一時的に高温となる恐れがあり、熱中症に注意が必要という。