八ヶ岳山麓などで“ひょう被害” レタスなど葉物野菜中心に・・・ 長野

©株式会社長野放送

24日午後、長野県原村など八ヶ岳の山麓で、ひょうが降りレタスなどの野菜に被害が出ました。 

こちらは、原村の農家・湯沢光一郎さんのレタス畑です。24日降ったひょうによって葉に無数の穴が開いているのが確認され、ほぼ全て廃棄せざるを得ない状況です。
(湯沢光一郎さん)「まだ生育途中なので、完成したころには全体的に破けたレタスが(できてしまう)。出荷できない感じなので、つらい」
24日午後、八ヶ岳周辺の原村や茅野市、野辺山高原などでひょうが降り主に葉物野菜に被害が出ています。一夜明け、25日朝から行政や農協が被害把握するため調査しています。