『あなたの番です』恐怖エグすぎで視聴者大パニック…「眠れない」「トイレ行けない」

©株式会社サイゾー

「あなたの番です|日本テレビ - 日テレ」より

 6月23日に放送された連続ドラマ『あなたの番です』(日本テレビ系)の“特別編”が、平均視聴率8.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録した。

 同ドラマは田中圭と原田知世のW主演で、日テレで25年ぶりに2クール連続放送される話題作。とあるマンションで繰り広げられる「交換殺人ゲーム」に“ミステリー好き”の新婚夫婦・手塚翔太(田中)と菜奈(原田)が巻き込まれていく物語で、前週までに第1章を終えた。第1章の最終話(第10話)では、主人公のひとりである菜奈が死んでしまうという衝撃の展開に、インターネットユーザーも騒然。そんななか、今回は第2章に入る前の特別編として、これまでの事件の振り返りと、翔太&菜奈の出会いからプロポーズまでのエピソードが描かれた。

 愛する菜奈の葬儀を終え、ひとりマンションに帰宅する翔太。いなくなってしまった菜奈を思い出してはさびしさに打ちひしがれていたが、ふと彼女が仕事で使っていたパソコンに触れ、日記を見つける。そこには、菜奈が翔太と出会った日のことから綴られていた。2人の出会いは2018年6月。カフェで推理小説を読んでいた菜奈は見知らぬ青年から声をかけられ、あっさりとオチを言われてしまう。その青年こそが翔太で、当時は菜奈もあきれるばかりだったが、のちに偶然の再会を果たすと、ミステリー好きという共通の趣味で距離を縮めていった。

 菜奈の笑顔に一目惚れした翔太は、すぐにストレートな告白を実行。菜奈は“年の差”などを気にして断るも翔太の猛アタックが続き、やがて菜奈も受け入れる。その後、今度は翔太からのプロポーズに戸惑う菜奈だったが、やはり彼のまっすぐな姿勢に心を打たれ、2人で新たな人生を歩むことを決意。ちなみにプロポーズ時、翔太は「ウェディングドレス姿を見たい!」とリクエストし、菜奈は「絶対着ない!」と却下していたが……。

 翔太が菜奈の日記を読んでいると、パソコンに1通のメールが届く。それは、菜奈が申し込んだチャペルの予約メールで、泣き崩れる翔太。そのとき、パソコンのデスクトップに“翔太くんへ”というファイルを見つけた。中身は一見、菜奈が遺した文章のようだったが、翔太はある違和感から「菜奈ちゃんじゃない」と気づく。

 すると、パソコンの画面には「警告」のメッセージが浮かび、続いて翔太を挑発するような文章と謎のURLが現れた。翔太がクリックしたところ、おびえる菜奈の動画が映し出され、撮影者の「ゾウさんですか、キリンさんですか」との問いに対し、彼女は「キリン」と回答。そして、菜奈は最期のメッセージを求められ、涙をこらえてなんとか笑顔をつくり、「翔太くん……」と口にしたが、「私」と言う途中で動画は途切れた。

 翔太と菜奈の馴れ初めからプロポーズまでは微笑ましく見ていたネットユーザーも、ラストの展開には「前半のラブラブエピソードとのギャップがエグい」「翔太が『菜奈ちゃんじゃない』って気づいた瞬間、マジで鳥肌が立った!」「恐ろしくてもう眠れない」「トイレも行けない」など、それはもう大パニックに。映像そのものの恐怖もさることながら、“ゾウとキリン”といった謎の選択肢も「意味がわからなくて怖い」「犯人が楽しんでるっぽいのも気味が悪い……」と視聴者に恐怖心を植え付けていた。

 実は、プロポーズまでを放送していた段階では、「翔太がイケメンだからいいけど、ちょっとウザすぎる」「いやいや、いくら顔が田中圭でも、こんな男は無理でしょ」など翔太のキャラクターに拒否反応を示す人や、「2人の馴れ初めより、早く第2章をスタートさせてくれ」「特別編いらなかった」との声もあった。

 しかし、終盤を迎えると「今まで、これでもかってくらい“翔太がどんなに菜奈ちゃんを好きだったのか”を際立たせてきたからこそ、第2章で翔太が“復讐の鬼”になるのも当然ってことか。お見事な演出」「こうして翔太が復讐に目覚めたわけね。特別編、見て良かった」という書き込みが続出。

 そして、多くのネットユーザーが“翔太の味方”となり、「菜奈ちゃんを殺したヤツだけは許さない」「これまでは単純に“犯人は誰だろう”って思うだけだったけど、今は犯人への嫌悪感がすごい」「翔太と一緒に絶対に犯人を見つけ出そう!」といったコメントが飛び交っている。

 特別編の視聴率は、第1章初回の8.3%に次ぐ数字となった。1ケタ台が続いている同ドラマだが、今回は事件の振り返りもあったことだし、新たな視聴者を獲得できたのかもしれない。そうすると、『反撃編』と銘打たれている第2章は視聴率面での“反撃”にも期待できるだろうか。
(文=美神サチコ/コラムニスト)