元日本代表の闘莉王 右目を手術 サッカーJ2京都サンガ

©株式会社京都新聞社

Jリーグ通算500試合出場を達成した闘莉王(2019年2月)

 J2京都サンガFCは22日、元日本代表DF田中マルクス闘莉王(38)が、右眼外傷性黄斑円孔のため、20日日に京都市内の病院で手術したと発表した。3月16日の東城陽グラウンドでの練習中に右目を負傷し、治療を受けていた。